TOP

【バイクカタログシリーズ】Vol.1 ホンダ:Ape(エイプ)100

  • バイクのメンテ記事
  • 2017.12.27

今回から始まりましたバイクカタログシリーズVol.1。記念すべき初回は「Ape(エイプ)100」です。バイクコンセプトなどの基本情報や特徴、スペックなどをまとめています。中古バイク購入の際に、参考にしてみてください。

■対象車種: Ape(エイプ)100

■型式・年式: BC-HC07 2006年式

  • 車種情報(コンセプト、変更点、概要情報など)

Ape(エイプ)という車名は、英語で「類人猿・猿人・尾のないサル」を意味しています。

ホンダでは「モンキー」や「ゴリラ」というモデルもありますが、エイプでは、類人猿を人間に最も近い動物と位置付け、気軽に乗れる身近なバイクをイメージし名付けられました。

それ以前のホンダでは入門用モデルとして、CB50とCB90という4ストローク単気筒エンジンを積んだバイクがありました。それらが2ストローク全盛期の馬力競争で姿を消したあと、後継機種としてエイプは発売されました。

事実、エイプのデザインにはCB90らしさも感じられます。が一方では、オフ車テイストのフロントフェンダーやモノサスなど、オンロードモデルのCBとは明らかに違う部分もあり、全体的にはオンもオフも可能なマルチパーパスモデルとして位置づけされ、今なお中古バイク市場でも人気です。

Apeの発売は2002年で、2006年までは毎年カラーリングを変更して販売されました。

2008年9月にはマイナーチェンジが行われ、次の点が変更されました。

・三元触媒をエキゾーストパイプ内に内蔵

・二次空気導入装置を装着

・点火プラグをイリジウム製へ変更

同時に「タイプD」も発売され、変更点は、

・前後ブレーキをシングルディスクへ換装

・ホイールを鉄製からアルミニウム製キャストホイールへ変更

となっています。

そして他の多くの空冷モデルと同様、平成28年排出ガス規制に対応できず、2016年に製造が終了しました。

しかしApe100は、CB50やCB90が生産終了したあと、スタイルやメカにおいて、ホンダ小排気量車の中心をなすバイクだと言えるでしょう。

ホンダ:Ape100の中古バイク一覧はこちら

  • 車種の特徴(仕様、こだわりなど)

では次に、Ape100の特徴をいくつか見てみましょう。

(1)小さいながらも存在感ある車体

Ape100を見てまず気づくのは、太いタイヤです。

フロント・リアとも120サイズで、特にフロントはリッタークラスのフロントタイヤと同じ幅ですから、いかに太いかが分かりますね。またノーマルではブロックパターンタイヤを装着しており、ワイルドなオフ車の雰囲気を出しています。

その他では、幅広のアップハンドル、モノサスによるすっきりしたリア回り、前後キャストホイールなど、小さい車体ながらもあちこちに独自のデザインが光っています。

(2)カスタムベースとして中古バイクファンにも根強い人気

特徴の2つ目は、豊富なカスタムパーツです。

ハンドル、マフラー、タイヤ、キャブ、さらに延長スイングアームなどをつけて、独自のカスタムを施して乗るのがApeマニアの間で流行っています。例えばセカンドバイクとして休日にいじり、変化を楽しむというスタイルですね。4サイクルの信頼できるエンジンが、それらを受け止めるベースとして活躍しています。

事実、インターネットではape00のコミュニティもあるぐらいで、いじって、走って、見て楽しむことができるのがApe100というバイクです。

基本スペック
メーカー名 ホンダ
型式 BC-HC07
乾燥重量 82kg
全長×全幅×全高 1715 mm × 770 mm × 970 mm
車種名 エイプ100
総排気量 99cc
定地燃費 53.0 km/L ( 60 km走行時)
メーカー希望小売価格(東京地区) 249,000円
エンジン
型式 空冷4ストロークOHC単気筒
エンジン型式 HC07E
総排気量 99 cc
圧縮比 9.4
内径(ボア) 53.0 mm
行程(ストローク) 45.0 mm
燃料供給方式 キャブレター
キャブレター形式 PB5QA
点火方式 CDI式マグネット点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
始動方式 キック式
エンジンオイル容量 - L
燃料タンク容量 5.5 L
車体関係
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター 28 度 / 30 分
トレール 89.0 mm
タイヤサイズ(前) 120/80-12 54J
タイヤサイズ(後) 120/80-12 54J
ホイールトラベル(前)
ホイールトラベル(後)
ホイールサイズ(前) 12インチ
ホイールサイズ(後) 12インチ
ブレーキ(前) 機械式リーディングトレーリング
ブレーキ(後) 機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前) テレスコピック式
懸架方式(後) スイングアーム式(プロリンク)
ステアリングアングル(右)
ステアリングアングル(左)
性能
最高出力 5.1 kw (7.0 ps) / 8000 rpm
最大トルク 7.0 N・m (0.71 kg・m) / 6500 rpm
最高速度
燃費 53.0 km/L ( 60 km走行時)
最小回転半径 2.0 m
装備
ワンタッチクラッチレバー調整
ワンタッチブレーキレバー調整
燃料計
ツイントリップメーター
時計
ハザードランプ
盗難防止装置
ヘルメット収納スペース
車体関係
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター 28 度 / 30 分
トレール 89.0 mm
タイヤサイズ(前) 120/80-12 54J
タイヤサイズ(後) 120/80-12 54J
ホイールトラベル(前)
ホイールトラベル(後)
ホイールサイズ(前) 12インチ
ホイールサイズ(後) 12インチ
ブレーキ(前) 機械式リーディングトレーリング
ブレーキ(後) 機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前) テレスコピック式
懸架方式(後) スイングアーム式(プロリンク)
ステアリングアングル(右)
ステアリングアングル(左)
変速機
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比(分かれば) 1速 3.083
2速 1.882
3速 1.400
4速 1.130
5速 0.923
1次減速比 4.437
2次減速比 2.2
無段変速車変速比

ホンダ:Ape100の中古バイク一覧はこちら

制作・協力

バイクネットAJ事務局

  • バイクのメンテ記事

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す