TOP

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第19回 ホンダ・ジュノオM80(1961)

  • おすすめコラム
  • 2017.01.15

イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、スクーターの祖先とも言うべき「ホンダ・ジュノオM80」です。

■ホンダ・ジュノオM80(1961)

■エンジン:空冷4サイクルOHV水平対向2気筒124cc

■最大出力: 11PS/9,000rpm


ファミリーバイクから発展した結果1980年に登場したスクーター、「ホンダ・タクト」は、

各社の小型バイクの流れを一気にスクーター化するインパクトがありました。


ところで、スクーター自体はそれよりもずっと前、

1950年代にすでに登場していて、スクーターブームを巻き起こしていました。


そのひとつに、1954年に登場した「ホンダ・ジュノオ(K)」があります。

ジュノオKは189ccの空冷単気筒4ストエンジンを搭載、

ボディシェルは当時としては画期的なFRP製で、

そこそこの雨なら凌げるほどのサイズを誇る巨大なウインドゥシールドを備えていました。

ところが販売は芳しくなく1955年に発売を終了してしまいます。


1961年、ホンダは再びスクーター市場に「ジュノオM80」で参入。

M80は初代とはまったく異なるスクエアでモダンなデザインに変貌、

エンジンもスクーターでは異例の124c空冷水平対抗2気筒4ストを搭載し、

トランスミッションもバダリーニ式と呼ばれた無段変速…というたいへんな野心作でした。


翌1962年には、エンジンを169ccへとアップ、

さらに新技術を投入した「M85」となって1968年まで生産されましたが、

そのあいだの販売台数はわずか5880台。

先進性と野心に溢れつつも販売で苦戦した、悲運の傑作車となってしまったのでした。


■メーカーのページ(プレスインフォメーション) 


制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 19-m801961