TOP

【バイクマナー】意外に見られていますバイク乗り

  • おすすめコラム
  • 2019.01.06

【KAZU中西の鋼騎馬ラプソディ】第24回。今回はバイクの乗りの印象がテーマです。KAZU中西さんは1人のライダーとして周りからの見ても印象の良い走行・マナーを心掛けているそうです。1つ1つの行動がバイク業界の発展に繋がるという考え方は素晴らしいですね。

  • 是非バイク乗り全体の印象が良くなる行動を

【一期一会だから第一印象が大切】

時間と燃料が続く限り、どこまでも走り続けたい。僕はそんな風に思うオートバイ乗りの一人です。オートバイの走らせ方は十人十色だと思いますが、世間一般からどのように見られているのか?が、僕らが思っているより重要だったりします。例えば、ツーリングへ出かけたとしましょう。目的地にたどり着くまで数百人・・・場合によっては数千人に見られます。キラリと光るグッドマナー&スマートライディングならば、あぁバイクっていいな~と憧れの存在、傍若無人にジグザク運転すれば危ないなぁと思われてしまうことでしょう。出先ではほとんどの場面で一期一会、1人の立ち振る舞いが全体に影響しがちです。僕一人のせいで、世間からバイク乗りに悪いイメージを持ってもらいたくないので、悪目立ちしないように気を付けて走らせています。


▼夜の伊豆スカ

二輪車の通行規制実施に揺れてきた伊豆スカイライン。2018年の11月に、管轄する大仁警察署から静岡県道路公社へ、夜間から早朝にかけての二輪車通行止めが申し出されました。実施されれば、沼津の夜景や満天の星空を眺めに行けなくなります。通行止めの要因としては、二輪車の事故多発だけでなく、無理な追い越しなど通行マナーの悪さがあります。ごく一部の所業ですが、悪目立ちしてしまった例とも言え、残念に思います。



【史跡と住民の気持ちを思いやる心】

11月某日、紅葉ドライブを楽しむべく、箱根の旧街道へ行ってきました。その中間地点にある畑宿は、寄木細工で歴史的に価値ある場所。当然のことながら、代々その地に住んでいるという人もいます。行き交う車両は乗用車がほとんどですが、ダンプカーやバスもわりかし頻繁に通ります。オートバイは1時間に2台程度。道幅が狭いうえに住宅が隣接していることから、音の反響がすごいです。ドリフト族か?と思われるやかましい車には嫌悪感を覚えました。住民の皆様は、さぞかし不快に思っていることでしょう。こういう趣のある場所を訪れる際は、できるだけ静かにゆっくりとしたペースで通るという思いやりの心が大切なのでは?と思います。


▼箱根旧街道


▼金指寄せ木工芸館


▼寄木細工の里

箱根町の畑宿にある旧街道です。歴史的に価値ある見所で、畑宿は寄木細工の里としても有名です。


▼桔梗屋

これから箱根越えをするぞ!という入り口付近にあるお蕎麦屋さんです。囲炉裏もあって蕎麦だけでなく旅の風情も味わえますね。


▼甘酒茶屋


▼ノンアルコール甘酒

芦ノ湖方面からのアクセスが良い甘酒茶屋です。江戸時代から続く旅人の休憩スポット。力餅とノンアルコール甘酒で、古の時代に思いを馳せつつエネルギー補給できますね。


▼通行規制


▼七曲り

そんな歴史的に価値ある箱根旧街道ですが、排気量と期間限定の二輪車通行規制がかけられています。少なくとも20年以上このままだとか。原因は伊豆スカイラインと同じく、事故多発とマナーの悪さ、加えて騒音とのこと。オートバイ乗りとしては、なんとも悲しい規制の現実です。道の狭さや斜度、路面状況から、ゆったりとした気持ちでのんびり走るのが吉だと思います。皆がそうすることで、規制を改められれば良いなと願っています。

  • のんびりにはのんびりでも楽しいバイクを

【のんびりゆったり走っても楽しいオートバイ】

乗り物の魅力にスピードがあり、歴史的に見ても科学技術の進歩にスピードは欠かせません。なので、オートバイでスピードを出すこと自体には、何ら否定的な考えはないですが、出してよい場所、悪い場所があると思います。僕は、公道とサーキットで走り方を変えています。サーキットではモータースポーツとしてライディングを楽しみたいので、可能な限り自己のベストタイム更新にチャレンジしています。


公道では他人に迷惑をかけないよう、住民のいる場所では住民の気持ちを想像して、可能な限りグッドマナー&スマートライディングを心がけています。こんな風に思えるようになったのは、30才を過ぎてから。乗り始めたのが16才ですから、ずいぶんと時間を要したように思います。現代のオートバイは、電子制御技術の進歩にって、ジャンルを問わずどこでも操縦しやすいと思いますが、公道オンリーならばのんびり走っても愉快な気分になれるオートバイを選択するのも良いなと思えるようになりました。


▼ストリートグライド


▼ハーレーダビッドソン沼津

僕がイメージするのんびり走っても愉快なオートバイに、ハーレーダビッドソンがあります。最新モデルのFXDRはスパルタンなドラッガーテイストで、スポーティな走りも可能とのことですが、先日ハーレーダビッドソン沼津にて試乗させていただいたストリートグライドは、今の僕には丁度いい操縦性と走行性能だと思いました。


<関連リンク>ハーレーダビッドソン沼津

  • インストラクターとしても活躍

【イメージの良いバイクの未来に貢献したい】

先に述べた二輪車の通行規制に関する話ですが、昨日今日のバイク乗りだけが原因というわけではないです。そこに至るまでには、かなり長い年数を要しています。ならば、オートバイ乗りのイメージを良くしていけば、規制解除につながっていくのでは?と思っているわけですが、マナーに関しては幼少期や児童期の教育や躾が大切だと考えます。また、そんな子供たちがオートバイ乗りになれる将来、オートバイに対する世間のイメージが今よりもずっと良い環境づくりをしておかなければならないと思っています。


その一環として、僕は親子バイク教室のインストラクターにも従事しています。子供たちは本当にピュアで、例えばエンジンをかけられなかった子が、何度かトライするうちにかけられるようになった時の笑顔は掛け値なしです。できない!ができた!に変わった喜びですね。その気持ちを大切に、マナーの良いライダーとなるよう育んでいきたいと思います。


▼もっとクロス親子バイク教室

2018年12月、富士山静岡空港の隣地で開催された、もっとクロス。災害救助にもつながるオフロードバイクの練習会を主としたものですが、コンテンツの一つに親子バイク教室が組み込まれています。


▼ナイケン


▼Vストローム


販売会社の協力によって、新型車の展示もありました。イベントの趣旨としてはVストロームシリーズがドンピシャにあっていると思いましたが、NIKENの注目度も高かったように思います。僕もNIKENでオフロード走行を試してみたいのですが、当日はNGとていねいにお断りされました(笑)


▼難波裕香さん

声優の難波裕香ちゃんもお手伝い参加。可愛らしくも素敵な声で場内アナウンスを担当。訊けば子供たちと遊ぶのが好き!とのことで、親子バイク教室に参加したキッズとも直ぐに打ち解けていました。もしかしたら、インストラクターに向いているかも。


<関連リンク>もっとクロス(ソラノワ)

【新店に行くときこそマナー良く】

2018年12月、伊豆の修善寺駅北地区に湘南テイストのカフェ=Café HISAGOが新装開店しました。ここでいう湘南テイストとは、白いオープンデッキを備えたハワイイメージなのですが、オーナーに伺うと趣味はサーフィンで、オートバイはつい最近までハーレーダビッドソンに乗っていたとか。静かでゆったりとした時の流れを楽しんでいただきたいそうで、マナーの良いバイク乗り歓迎だとか。僕が店主でもそう思いますね。いわゆる車社会の中、オートバイ乗りはただでさえ目立つ存在。現代は静かでスマートなオートバイ乗りが社会に受け入れられるようです。


▼カフェひさご


ジェノベーゼ


席から眺められる場所にオートバイを停められるカフェは貴重な存在。修善寺では、ここだけだと思います。しっかりと深い味わいのコーヒー、カレーやパスタ、ピザなどの軽食にもこだわりあり。


<関連データ>

所在地 静岡県伊豆市柏久保1345

電話 0558-80-9050

営業時間 11時―19時

定休日 毎週水曜日

制作・協力

■ライター:KAZU中西

文筆業をメインにステージMCやラジオDJ(FMIS・カズ兄さんのモーターレボリューション)で活躍。

現在Z2(Z750Four=KZ750D)、VMAX(RP22J)、XJR1300(RP17J)を所有

プライベートではTOMCATSというモーターサイクルクラブに所属しツーリングやキャンプを満喫。

オートバイ以外の趣味はモーターボート。


バイクの窓口事務局

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
motul 5w30

тестостерон пропионат

www.rbt.com.ua