TOP

【静岡清水】まだ間に合う!さくらももこ先生ありがとう!バイクツーリング

  • おすすめコラム
  • 2019.01.22

【KAZU中西の鋼騎馬ラプソディ】第25回。今回はちびまる子ちゃんでおなじみ、さくらももこ先生の「さくらももこ ありがとうの会」イベントレポートです。清水観光のツーリングに取り入れてみてはいかがでしょうか。

【ちびまる子ちゃんありがとう!】

2019年の仕事始めは1月3日のモーレボでした。前室(放送前にディレクターと打ち合わせする時間)では、二輪四輪関連のニュースだけでなく、周辺地域のニュースなどもチェックします。その時、ふと目に留まったのが「さくらももこ ありがとうの会」開催のお知らせ。さくらももこ先生は静岡県出身の漫画家で、代表作はみなさんご存知の「ちびまる子ちゃん」です。2018年の8月に逝去されてしまったわけですが、さくらももこ先生からみなさまにありがとうを伝えるイベントとして、「さくらももこ ありがとうの会」が開催されるとのこと。静岡県民としてはもちろん、ちびまる子ちゃんのファンとしても、これはぜひとも行かねば!と思いました。

モーレボとはカズ兄さんのモーターレボリューションの略称。伊豆市のコミュニティFM局、FMISにて毎週木曜日夜7時~8時55分まで放送されているバイク乗りの雑談番組です。文化人からシンガーソングライター、俳優、声優、プロレーシングライダーなど、さまざまなジャンルのオートバイ好きがゲスト出演する番組でもあり、あやみんこと岸田彩美ちゃんにも出演いただきました。ゲスト出演のない時は、こんな感じでゆる~く放送しています。

関連リンク

FMIS(エフエムイズ)みらいずステーション87.2MHz

https://fmis.jp/

https://fmis.jp/program/#thursday

  • 「さくらももこ ありがとうの会」は2月11日まで!

【地元愛がハンパない】

1月13日、YSP沼津のイベント=YSP沼津ツーリングにて、「さくらももこ ありがとうの会」が開催されているエスパルスドリームプラザへ行きました。僕らは11時頃に到着したのですが、その時点でも訪れるファンで長蛇の列。それだけ、さくらももこ先生がみなさんに愛されていたということでしょう。開催期間は1月11日~2月11日となっています。

YSP沼津からだと、おおよそ1時間で到着するエスパルスドリームプラザ。オートバイは駐輪スペースの心配要らずで、ちょっと遊びに行きやすいです。


建物1Fのエスカレーター付近に、会場の案内表示板が出ていました。


3Fまで上がると、ちびまる子ちゃんと仲間たちの巨大パネルがお出迎え。このパネルを見ているだけでも、さまざまなエピソードが思い出されます。

特設会場を囲うパネルにあったさくらももこ先生からみなさんへのメッセージ。短い文の中にも地元愛が溢れています。



【なかなか見ることのできない原画なども!】

特設会場内では、原画や複製画のほか、さくらももこ先生が使用していた道具や地元への貢献品などが展示されていました。ここではその一部をお見せします。

  • 施設内では給食も食べられる

【整理整頓された仕事場】

さくらももこ先生の仕事場を再現。さくらももこ先生は漫画家、僕はルポライター志向のモータージャーナリストという違いはありますが、この整理整頓された環境はぜひとも見習わなければと思いました。

デスクの上が綺麗!僕のデスクはお恥ずかしながら乱雑しています。仕事ができる人はこんな風にしているのだなと、教えられた感ありです。



【ソフト麺とミルメーク、覚えています?】

特設会場の隣には、「みんなの学校給食」という軽食コーナーがありました。メニューは僕が児童の頃に食べていたそのもの。大きく育った今となってはおやつ程度のボリュームですが、当時はこれでもお腹いっぱいになっていました。



さくらももこ先生愛用のピアノも展示。

関連リンク

さくらももこ ありがとうの会

http://www.dream-plaza.co.jp/event/detail.php/506

  • 立地はもちろん清水。清水観光も兼ねてどうぞ!

【そりゃ~もう清水ですから】

本格的にお腹が空いたら、1Fの清水すし横丁へ。腕自慢・味自慢の寿司屋さんが軒を連ねています。可能ならば全ての寿司屋で食べたいところですが、今回は入船鮨へ。ゆくゆくは全店制覇!と思っています。

生シラスの軍艦巻きが食べられるのは清水ならでは。ランチセットでもこのボリュームで、お腹いっぱいになりました。


【ドリプラにあるアオシマの実験機】

静岡県を代表するホビーメーカーに、文化創造企業の青島文化教材社があります。アオシマさんはモーレボに何度も出演いただいており、その中でミニカー自販機が話題になったこともありました。アオシマの美人広報・永井さんによれば、アオシマのミニカー自販機はエスパルスドリームプラザにあると。実は全国に先駆けて設置したものだそうで、ミニカー自販機としても歴史ありです。


僕は久々のご対面となるアオシマミニカー自販機。好調な売り上げだというグラチャンシリーズを購入できます。

僕の希望商品はレパード。祈るような気持ちでボタンを押してみると、出たのはコスモAPでした。こうなったら、レパードが出るまで通います(笑)

関連リンク

青島文化教材社

http://www.aoshima-bk.co.jp/


【フロアごとに楽しめるテーマパーク】

僕が住んでいる伊豆市からは、土肥港から駿河湾フェリー(エスパルスドリームフェリー)で行くか、国道1号線を走るか。どちらのルートでもおおよそ1時間でアクセス可能なエスパルスドリームプラザです。フロアごとにテーマ性があり、グルメ・ショッピング・映画鑑賞・富士山ビューなど、老若男女問わず丸1日楽しめる観光スポットです。県外からは、東名高速清水ICを利用するとアクセスしやすいです。観覧車ドリームスカイからの眺めは壮観。のんびりゆったりとツーリングを楽しみたい人にもオススメです。

関連リンク

エスパルスドリームプラザ

http://www.dream-plaza.co.jp/

制作・協力

■ライター:KAZU中西

文筆業をメインにステージMCやラジオDJ(FMIS・カズ兄さんのモーターレボリューション)で活躍。

現在Z2(Z750Four=KZ750D)、VMAX(RP22J)、XJR1300(RP17J)を所有

プライベートではTOMCATSというモーターサイクルクラブに所属しツーリングやキャンプを満喫。

オートバイ以外の趣味はモーターボート。


バイクの窓口事務局

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す