TOP

バイクに乗る時は要注意!防寒対策のお話

  • おすすめコラム
  • 2019.03.09

【岸田彩美のバイクの楽しさ無限大】vol.47。今回はバイクに跨る際には必ずと言っていいほど直面する。防寒対策についてです。特に冬から春にかけてのシーズンはあやみんもこだわっている様で。。

こんにちは。岸田彩美です。3月に突入しましたね〜!ツーリングシーズン目の前ですが

まだまだ寒い日が続きますね。油断大敵です!!

春のシーズンインを迎える準備もしつつ 寒い日の防寒対策のお話してみようかなと思います。

  • まずはウェア。この時期はインナーが取り外せるものがオススメ

なぜ今こんな話をするかというと

昼前に出発時 ポカポカ陽気ですごく暖かくて「今日はちょっと薄着で大丈夫でしょ!!!」そんな気持ちで出かけ、すっかり暗くなってさあ帰るぞ!という時。

「めっちゃ寒い…」

こういう時に限ってレインウエアや防寒具を持ってきていなかった私。。。


帰ってきてバイク降りる時には膝がガクガクしてしまい お風呂に入る時に

ふと膝小僧をみたら皮膚が真っ赤に!! (@[email protected])

お風呂のお湯がヒリヒリして痛かった位です。泣


こうならないためにも 私の主観と試して良かったものをお勧めしたいと思います!

まずはジャケットですが、中のインナーが取り外せるものがいいと思います。

RSJ717 モトレック ウィンターパーカ オレンジ色が目立って可愛いです。

このようにチャックでインナーをアウターに取り付けるものと

ボタンでつけられるものと2種類あります。どちらも取り外しが可能です。



こちらはRSJ702 ソフトシェル 手触りが気持ちいいのです。

チャック式のほうが 暖かい日向きかな〜?

ボタン式は一枚でダウンの様に上着としても着れますし、軽い!!!動きやすいので

私はトライアル練習の時 着ています。

  • 首元の対策はマスト!

続いてパンツですが

防風のライディングパンツをおすすめします。膝にプロテクターも入っていて安心です。

見た目チノパンみたいで可愛いですよね。RSY551 ウィンドプルーフ


そしてサイズ選びの時は1サイズ〜2サイズほど大きめをおすすめします。

ズボンを履く前に暖かいインナーパンツを履けるからです!


ぴったりサイズにしてしまうと、バイクにまたがる時に妨げになる可能性もあります。

インナーパンツを履くとこれまた全然体感が変わります。

ヒートテックのレギンスタイプ(これも大きめをチョイスして足首まで隠れる奴にしましょう)なら気軽に買えます♫

女子はタイツっていう手もありますが、足先が蒸れちゃうのと個人的にむくみやすくなる気がするのでレギンスタイプにして、長めの靴下を上からはくとより足首暖かです。


人間5つの首(手首・足首・首)を温めると血流が良くなるそうです。

そうそう首といえばネックウォーマー

これもあるのとないのとじゃ大違い!

最強に首元を暖かくしたいのならば、タートルネックをきて、ネックウォーマーの内側にホッカイロを貼るといいですよ♫(低温やけどに注意)

ブーツも足首が隠れるものだと暖かさ倍増です。靴下は五本指ソックスに限りますね。(お座敷の時はご愛嬌)


写真は自重します。(笑)

あといつも口を酸っぱくして良く言うのが腹巻です。これは侮れません。

意外とお腹周りスースーしませんか?

腹巻で解消できます。 派手な柄や可愛いものもたくさんありますし、これにもヒートテックシリーズもあるのでぜひ探してみてください。こちらも写真は自重しますね

  • 真冬はカイロをうまく利用する

マスクはバイクの窓口ライターでおなじみのカズ中西さんおすすめの一品。

NAROO MASK F5s アゴ丈の長さのアウトドアスポーツマスクです。

花粉症やPM2・5をブロックでき、ヘルメットをかぶることも可能。

防寒性も良いので手放せません。


紙の使い捨てマスクだと、口周りが湿気てしまいちょっと息苦しさを感じるので、

このマスクは通気性も良かったです。


このマグマカイロもポケットに忍ばせておくと便利◎通常のカイロと比べ物にならない温かさを感じられます。



色々と力説してきましたが、

試してきた結果、、、この対策が一番しっくりきています。


もちろんこのフル装備の上にレインウエアをきたらもっと暖かいと思いますよ〜!

家を出発する時は厚着をしておいて、暑くなったら脱いじゃえばいいのですから♫


以上防寒対策のお話でした。

次は春夏のウエア話もできたらいいなあ♫

ご協力ありがとうございました!

RSタイチ様

http://www.rs-taichi.co.jp

制作・協力

岸田彩美

バイクの窓口事務局

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す