TOP

【遠藤イヅルの名車カタログ】第32回 BSA・GOLDSTAR DBD34

  • おすすめコラム
  • 2017.07.28

毎週イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今回の名車は「BSA・GOLDSTAR DBD34」のご紹介です。

■BSA・GOLDSTAR DBD34

■エンジン:空冷4サイクル OHV 単気筒 499cc

■最高出力:40ps/7,000rpm


BSAはかつてイギリスに存在したバイク製造会社で、

一時期は世界最大規模のメーカーでもあった。

BSAの3文字はバーミンガム・スモール・アームズ

(Birmingham Small Arms Trade Association=BSA)の略称で、

1800年代から優秀な武器を製造していた

バーミンガム地域の武器メーカーが参加していた“組合”を示す。


BSAはこの組合から発足したメーカーで当初は自転車の製造を手がけていた。

自転車メーカーがそのままバイクの製造を開始することは一般的で、

BSAも同じように1900年代に入ってから次第にバイクメーカーに転身。

優れた技術と性能、高い耐久性を誇るエンジンが評判となって大きく発展した。


BSAのバイクには名車が多いが、

1938年から1963年まで製造された「ゴールドスター」は白眉の存在と言える。

ゴールドスターは戦前の高性能モデルから付与されていた

「レッド・スター」「ブルー・スター」「エンパイア・スター」などの「スター」シリーズのひとつ。


 戦後もBSAはバイクラインナップの拡充や開発を怠らず、

ゴールドスターも復活を果たしてマン島のTTレースにも参戦を開始して連勝を重ね、

当時世界最速バイクの称号にふさわしい活躍を見せたのだった。


ゴールドスターには350ccと500ccのエンジンがあり、

戦後はそれぞれB32、B34と呼ばれたが、

年式や仕様によって車名頭に「Y」「Z」「B」「C」「D」などが冠されて区別される。


最後のゴールドスターとなった「DBD34」は1956年に登場したモデルだ。

ゴールドスターの最後を飾るにふさわしい性能と美しいボディを持ち、

世界中のバイクファンを今なお虜にする名車中の名車である。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 32-bsagoldstar-dbd34
https://designedby3d.com

designedby3d.com

biceps-ua.com