TOP

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第33回 スズキ・バンバン90

  • おすすめコラム
  • 2017.08.15

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の珍車は極太タイヤのレジャーバイク「スズキ・バンバン90」のご紹介です。

■スズキ・バンバン90(RV90) ■エンジン:空冷2ストローク・ロータリーディスクバルブ単気筒88cc

■最大出力:8ps(6.0 kw)/6000rpm ■最大トルク:1kg・m(9.8N・m)/4000rpm


1960年代末に発生したレジャーバイクという新しいカテゴリーは

次々とユニークなモデルを各社から登場させました。


中でも1971年に登場したスズキ・バンバン90は

それまでのバイクでは見たことも無いような

バギー車のような極太のタイヤを装着、

8psという高出力を誇った90cc2ストエンジン、

高い位置に装着されたマフラー、

標準でボディに装備されていた空気入れが特徴でした。


6.70-10という「低圧レクタングルタイヤ」は

砂地や林道、雪道などの悪路も走れてしまうという

高い走破性能をバンバンに与えていました。


砂浜などでは空気を抜くと走りやすくなるのですが、

前述のようにバンバンには空気入れが着いていますので、

帰りはそれを活用すればいいわけです。

楽しいですね!


バンバンはその後50ccのバンバン50を1972年に、

翌1973年にバンバン75を相次いで発売。

バンバンファミリーを拡充させました。


現在でも当時のバンバンをイメージしたバンバン200と

欧州専売のバンバン125が発売されています。

名前は同じでまったくの別モデルですが、バンバンの持っていた

移動も楽しめるバイクというコンセプトは継承されています。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 33-90
best-cooler.reviews/meet-the-nash-sub-z-coolers-fifty-years-of-quality-and-experience/

www.aboutviagra.info