TOP

【遠藤イヅルの名車カタログ】第42回 ホンダ・スーパーカブC100

  • おすすめコラム
  • 2017.12.25

毎週イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の名車は、先日フルモデルチェンジで話題となったスーパーカブシリーズの中から、初代のスーパーカブとなる、1958年(昭和33年)に発売された「スーパーカブC100」のご紹介です。

■ホンダ・スーパーカブC100 ■エンジン:空冷4ストロークOHV単気筒49㎤

■最高出力:4.5ps/9,500rpm ■最大トルク:0.33kgm/8,000rpm


バイクのことを知らない人でも、「カブ」という名前や存在は

知れ渡っているのではないだろうか。

カブはバイクの便利さを日本のみならず

世界中に知らしめた偉大なモデルであり、

まさしくこのコーナー「名車カタログ」にふさわしいといえる。


戦後の日本は物資も乏しく維持代だったが、その中で

物資の運搬手段として安価で生産も容易な2輪車が普及していった。

当初は自転車に簡易的なエンジンを設けただけだったが、

やがて125cc以上の大型スクーターも登場し、

人々の生活を支えていった。


そして1958年、ついに「スーパーカブ」がこの世に姿を現した。

高い経済性と性能を兼ね揃えた4スト50ccエンジンと

イージードライブを実現した自動遠心クラッチ付き3速ミッション、

それを内蔵したスマートなデザイン、

大型スクーターに迫る高い実用性を備えたスーパーカブは、

それまでの簡易バイクと大型スクーターのユーザーの心を掴み、

オールインワンのバイクとして

発売されるや否や瞬く間にヒット作となった。


高い耐久性と汎用性が市場に認められたスーパーカブは、

今なおその姿を大きく変えずに世界各地で発売が続いている。

その最初のモデルが、「C100」だ。


スーパーカブは登場後、時代に合わせた数限りない改良を重ね

バリエーションを展開、

2012年には発売開始以来初のフルモデルチェンジが行われたが、

現在のスーパーカブもC100以来基本設計が

ほとんど変わっていないことがわかる。

それは何よりスーパーカブが登場時すでに

「完成されていた素晴らしいプロダクト」

ということを示している。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル


■メーカーのページ:モーターサイクルグラフティー  (※こちらも必見です)

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 42-c100
https://gas-energy.com.ua

yarema.ua/rulonnye-shtory/24-rulonnye-shtory

agroxy.com/prodat/oves-122/cherkasskaya-obl