TOP

【遠藤イヅルの名車カタログ】第48回 ホンダ・NS125R 

  • おすすめコラム
  • 2018.03.26

毎週イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の名車は、ホンダ2ストロークNSシリーズの中から、イタリアで製造され、異色の存在だった「NS125R」のご紹介です。

■ホンダ・NS125R(型式:TC-01)  ■エンジン:水冷2サイクル単気筒124cc

■最高出力:22.0ps/10,000rpm ■最大トルク:最大トルク:1.7kg‐m/8,500rpm


NSはホンダの2ストロードスポーツバイクで、

50cc、125cc、250cc、400ccの各クラスが存在した。


最初のNSは1984年の「NS250R/250F」で、

それまでのホンダ250cc2ストバイク、

「MVX250F」を置き換えるモデルだった。

NS250Rではフルカウルを採用するなど、当時隆盛を見せていた

レーサーレプリカ路線を取り入れていた。


そして同年登場のNS400Rは、レーサーNS500の市販版とも言える

本格的なレーサーレプリカだった。

フレディ・スペンサーが乗ったトリコロールカラーの

NS500の活躍が思い出される。


また、50ccのNS、NS50F→NS−1に乗っていた!という方も

きっと多いことだろう。


その中でNS125Rは、ちょっと異色のNSだった。

というのも、このバイクはイタリア製だったからだ。

ホンダ・イタリアが製造していた欧州向けモデルで、

1987年に限定500台が日本で正規輸入販売された。


NS125Rの特徴はそれだけではなかった。

サスペンションはマルゾッキ、フレームはベルリッキ、

ホイールとブレーキはグリメカ、マフラーはソルファー、

シリンダーはジラルドーニ、タンクはフォガッチ、

ラジエターはイプラ、チェーンはレジーナ、

ヘッドライトなどはパガーニ、

キャブレターはデロルト、タイヤはピレリ…などなど、

イタリアのメーカーが手掛けたパーツが贅沢に使用されており、

それでいて価格は37.9万円(当時)に抑えられていた。


赤白緑のトリコローレを纏うボディも125ccとしては大きく、

サイドに書かれた愛称の「Adriatico(アドリアティコ=アドリア海)」、

そしてバイクが「イタリア製」という誇らしさとともに、

NS125Rの所有とライディングを特別な気持ちにさせてくれた。


その後の1989年、NSR125Fも

同じようにイタリアから1000台限定で輸入販売が行なわれている。

なお、輸入されたモデル、NSR125Fはカウルレスだったが、

本国ではフルカウルのNSR125Rも製造されていた。

こちらもNS125R同様に、イタリアンブランドのパーツがふんだんに

用いられていた。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 48-ns125r
Велосипед Fuji купить

www.220km.com/category/a-mega_wi/

aboutviagra.info