TOP

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第53回 ホンダ・ジャスト

  • おすすめコラム
  • 2018.06.24

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、「ホンダ・ジャスト」のご紹介です。過去のホンダ3輪シリーズにはこんなカジュアルな3輪バイクがあったのですね。

■ホンダ・ジャスト(型式:A-TB09)■エンジン:空冷2ストローク単気筒49cm³

■最高出力:3.7PS/ 6,000r/min ■最大トルク: 0.47kgf・m/ 5,000r/min


ホンダのスクーターには後輪が2輪の3輪車「スリーター」が多く、

その代表に配達に大活躍中の「ジャイロ」があります。

ジャイロは1982年にジャイロ・Xとしてデビューしました。

しかしジャイロは当初ビジネスバイクではなく、

悪路走破性を高めた多目的&レジャー用でした。


1980年代のホンダのスリーターは他に

未来的なフォルムの「ストリーム」、

女性をターゲットにした「ジョイ」、

バギーのようなデザインを持つ「ロードフォックス」、

そして今回紹介する「ジャスト」がありましたので、

いかにホンダがスリーターを充実させていたのかがわかります。


ジャストはスリーターが持つ走行安定性を押し出したバイクで、

3輪車ならではの低速走行時の直進性の高さと

スクーターが本来持つ軽快性を

開発コンセプトに盛り込んでいます。


事実上の兄弟車となるジョイと比べて

トランスミッションは2速オートマに。

外観デザインには当時のスクーターらしい姿が与えられ、

使い勝手の良いパーキングロックも備えていました。


新感覚ライドを楽しめるスリーターシリーズですが、

「ジャイロUP」「ジャイロキャノピー」のバリエーションを生み出し、

現在も新車で購入が可能なジャイロ(とジャイロキャノピー)以外は

発売後数年で早々に姿を消してしまいました。


<画像出典> 


制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 53