TOP

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第59回 ホンダ・ゴリラ(Z50J III)

  • おすすめコラム
  • 2018.09.23

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、名車モンキーから派生したレジャーバイク「ホンダ・ゴリラ」のご紹介です。モンキーを発売し、その後、”ゴリラ”を命名したメーカーのセンスが素晴らしい!!その後の猿シリーズでは”エイプ”も命名しましたね。

■ホンダ・ゴリラ(Z50J III)■エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒49㎤

■最大出力:2.6ps/7,000rpm ■最大トルク:0.3kg-m/5,000rpm


1967年に市販が開始された「モンキー」(Z50M型)は

モデルチェンジや改良を繰り返したのち

1974年にフルモデルチェンジを行いZ50J型になりました。

Z50J型はさらに1978年にマイナーチェンジを受けていますが、

その際に追加された兄弟モデルが「ゴリラ」(Z50JIII)でした。


ゴリラは基本的にはモンキーの設計を踏襲するものの、

クルマで持ち運んで現地で使用するという

レジャーバイクの性格が強かったモンキーに比べて

燃料タンクが倍以上の9ℓに拡大され

ミッションが手動クラッチの4速になるなど

「ツーリングも楽しめる」バイクに仕立てられていました。


その反面モンキーの特徴だった

ハンドルの折りたたみ機構が廃止されています。


大きなタンクが作り出すユーモラスなフォルム、

小さいながらも遠くに行けることから

派生車種ながらもゴリラは市場でウケて、

一時的に生産が行われない時期を挟んで30年近くにわたり

市場に供給されました。


生産終了後9年が経った現在もなお

中古車市場で人気が高いバイクとなっています。


<ホンダ・PRESS INFORMATION>

1978年 個性派レジャーバイク ホンダ ゴリラを新発売

ゴリラ

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 59-z50j-iii
http://ua-flowers.com

www.progressive.ua

уход для глаз