TOP

【遠藤イヅルの名車カタログ】 第65回 スズキ・GSX-R750(1985)

  • おすすめコラム
  • 2018.12.09

毎週イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の名車は、初代「スズキ・GSX-R750」のご紹介です。現在まで30年以上も750ccのスーパースポーツを作り続けるスズキは本当にスゴイの一言。他メーカーにはない”ナナハンSS”の魅力とは、名車中の名車だからだと思います。

■スズキ・GSX-R750(GR71F)■エンジン:油冷4サイクルDOHC4気筒749cc

■最大出力:77ps(57kw)/9500rpm ■最大トルク:6.4kg・m(62.8N・m)/8000rpm


現在もなおスズキのラインナップに名を連ねる、

スズキを代表するスーパースポーツバイクGSX-R750は、

1985年に初代モデルが登場した。


GSX-R750は大排気量バイク初のレーサーレプリカだったこと、

単体重量8.1kgしかないアルミクレードルフレーム

「MR−ALBOX」を採用したことで

車重が400ccクラス並みの179kgしかなかったこと、

エンジン冷却にSACS(Suzuki Advanced Cooling System)

と呼ばれる油冷システムを初採用したことなど、

いくつもの新しいトピックを持っていた。


国内向けの最高出力は77psだったが、

輸出仕様では100psに達したGSX-R750は

フロントブレーキに対抗4ピストンのダブルディスクを持った

DPBS(Deca Piston Brake System)、

フロントフォークにはノーズダイブを抑える

PDF(Positive Damping Fork)などが備えられ、

そのパワーに見合った装備が与えられていた。


基本性能の高さと素性の良さは

レースシーンでも遺憾なく発揮され、

デビュー直後のル・マン24時間でワンツーフィニッシュを達成、

全日本ロードレース選手権TT-F1クラスでは

1985年から3年連続でチャンピオンに輝くなど

目覚ましい活躍をしたことが思い出される。


1986年にはタイトル獲得を記念した限定モデル

「GSX-R750R」を発売。

シングルシーターにされていただけでなく

ステアリングダンパー、乾式クラッチ、

リザーバー付きリアショック、

電子制御のアンチノーズダイブシステム

「NEAS」(New Electrically Activated Suspension system)

などさらに走りに特化した装備が奢られた。


1987年モデルでさらに細やかな改良が施されたあと

翌1988年には新型にスイッチ。

ホイールベースが短縮されて

コーナリング性能を大幅に高めるなど

戦闘力を一層高めたバイクに進化している。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 65-gsx-r7501985
surrogacy costs

купить стабилизатор напряжения

сиалис купить киев