TOP

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第72回 スズキ・シュート(SHOOT)

  • おすすめコラム
  • 2019.04.14

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、2スト6psを誇る原付スクーター「スズキ・シュート(1984年)」のご紹介です。 直線的なデザインで今となっては新しいと感じますね。

■スズキ・シュート  ■エンジン:空冷2サイクル単気筒49cm³

■最大出力:6.0ps/6,500rpm ■最大トルク:0.69kg-m/6,000rpm


1980年代は50ccスクーターの黄金期。

様々なモデルが模索され、それを確認するように次々と

製品化されていきました。

このコーナーでは、これまでもその時代の50ccスクーターを

かなりの数……多分10種類以上、お送りしてきました。


でも、なんと、まだあるのです(笑)。

1980年代のスズキの50ccバイク、車種が多すぎです(笑)。

今回ご紹介するスズキ・シュートもその一つ。


1984年に登場したシュートは、

大型ボディを採用した上級クラスの50ccスクーターで、

エンジンは6psと強力で、

エンジンの冷却も、シュート専用と謳われた

強制空冷方式を採用していました。

スクーター初となるフロントディスクブレーキまで装備していたほどです。


キャッチコピーの「走りのエリート」というフレーズは

あながち間違ってはいませんでした。


カウルのデザインも、時代を反映したエアロフォルム。

現在から見ると、カクカクしているのもむしろ新鮮ですね。


シュートSというバージョンでは、

さらに当時流行していたデジタルメーターも採用、

さらに高級感を増していました。


<画像出典>


制作・協力
  1. (イラスト・文)遠藤イヅル
  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 72-shoot