TOP

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第78回 スズキ・マメタン50

  • おすすめコラム
  • 2019.07.14

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、日本型アメリカンバイクの先駆けの一つとなった「スズキ・マメタン50」のご紹介です。車名”マメタン”は当時の雑誌で一般公募で決まったようです。豆のようなタンクだから、という説もあるようです。

■スズキ・マメタン50 (OR50)  ■エンジン:空冷2ストローク単気筒49㏄

■最大出力:5.5ps/8,000rpm ■最大トルク:0.51kg-m/7,000rpm


1970年代には、遊び心溢れる50ccバイクが多数売られていました。

名前からしてユーモラスな「マメタン50」も、

まさにそんなバイクです。


マメタン50は1977年に登場しました。

アメリカンチョッパー風のボディに

50ccロードスポーツの「RG50」の2ストエンジンをデチューンして搭載。

ユーモラスな外観と裏腹に、5.5psのパワーは十分以上で、

チョッパースタイルによる後ろ寄りの重心バランスで

発進時、気をつけないとウィリーしそうな勢いになるという

意外なバイクでした。


アップハンドルにテールが持ち上がったシート、

角度がついたフロントフォークを持つ

チョッパー風のバイクはこの当時まだ斬新で、

マメタン50が登場した後に相次いで「ヤマハ・XS650スペシャル」

「ヤマハ・SR250」「ヤマハ・XS250スペシャル」

「スズキ・GN400E」などが相次いで登場していることからも、

マメタン50は日本型アメリカンバイクの先駆けの一つとも言えます。


マメタンは登場翌年の1978年に

タコメーター、ディスクブレーキを装備した

「マメタン50カスタム」、さらに1979年には

キャストホイール化した「マメタン50E」に発展しました。


50ccアメリカンでは、1980年にヤマハが「RX50スペシャル」、

1982年にカワサキがAV50を、

1986年になってホンダも「ジャズ」を送り出しています。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 78-50