TOP

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第80回 スズキ・ジェンマクエスト

  • おすすめコラム
  • 2019.08.11

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、「ジェンマ」のモデルチェンジを受け1986年に発売された「スズキ・ジェンマクエスト」のご紹介です。

■スズキ・ジェンマクエスト  ■エンジン:空冷2ストローク単気筒49㏄

■最大出力:6.5ps/6,500rpm ■最大トルク:0.72kg-m/6,000rpm


足元をフラットにしたスクーターは

ヤマハ「パッソル」(1977年)、ホンダ「タクト」(1980年)によって

一気に市民権を獲得しました。


1981年、スズキもそれを追いかけるように「ジェンマ」の発売を開始。

ジェンマシリーズは50、80、125ccと3種類の排気量を用意、

パッソルやタクトのような簡便なスタイルではなく

ベスパPX系のような、モダンで大型の車体を採用しました。

ファミリーバイクというイメージが強かった原付に

上質な雰囲気を盛り込んだことからヒット作となりました。


そして1987年、ジェンマはフルモデルチェンジを行い、

「ジェンマクエスト」に進化。

この際80ccモデルが90ccに発展しました。

イタリアンな雰囲気だったジェンマに比べて

全体的に一般的な日本製スクーターのイメージになりましたが、

ボディ後半のデザインには、ジェンマのデザインテイストを残しています。


50ccモデルではクラストップの6.5psエンジンを搭載。

走りの性能も向上したほか、アンチノーズダイブ機構も装着されるなど

アップデートも行われていました。


しかしそんなジェンマクエストも生産を終了。

2008年には独特の存在感を誇ったジェンマが250ccで復活しましたが、

ジェンマ〜ジェンマクエストとの関連性は一切ありませんでした。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

  • おすすめコラム

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 80