【岸田彩美のバイクの楽しさ無限大】Vol.24 SSP Factory工場見学!

おすすめコラム
2018.03.06

【岸田彩美のバイクの楽しさ無限大】Vol.24。「あやみん」こと岸田彩美さんによるバイクの魅力を伝えるシリーズ。今回は埼玉県川越市のオーダーメイドマフラーのSSP Factory様に工場見学です。

こんにちは。岸田彩美です。

もうあっという間に・・・・ 3月! もうそろそろツーリングのシーズンがやってきますね♩

そんな中

埼玉県川越市にあります 自分だけのオーダーメイドマフラーを作ることができる

「SSP Factory」へお邪魔し 工場見学させていただきました☆

まずは形を作る作業を見学!

こちらは元は一枚の板状になっている金属(鉄とかチタンなどの素材)をこの機械をつかって形を整えます。

手動でハンドルを回すと3本のローラーの間にプレスされた板状の金属が

このように丸く形が作られていきます。


この作業も全て細かく計算をした上で金属をカットし、

丸めていくので熟練の技と経験が必要ですよね。


金属板は、0.4mmの薄い厚みの物からマフラーに使う素材の厚みはおよそ0.8m~1.5mmとのこと。

これもお客様と相談して、どのようなものを作るかによって厚みも変えるんですって!!

続いては坂本さんの溶接を見せていただきました。

この機械を使って溶接を行うと・・・・魚の鱗みたく見た目も綺麗で、まっすぐに仕上がりました。

溶接作業を行う際は、とても眩しいのでマスクをつけます。

溶接していない時にマスク越しの視界は真っ黒で、何も見えない…あれ?と思いきや

いざ溶接が始まると光が見えました。色は緑色でイメージは手持ち花火が近いかな♪

貴重な溶接体験!

そして!今回は特別に・・・私も溶接体験をさせて頂きました!

貴重な貴重な経験です。

最初に坂本さんから機械のレクチャーを受けます。

まずは仮留めの練習からです。

溶接をするということは、板と板をくっつける作業なので、

最初に仮留めをしてからしっかりと溶接作業をするとの事でした。

まずはSとかかれたところに点を打つようになぞる練習から。

続いて、2枚の板を重ねた部分に仮留めを行います。

あれ?想像よりはるかに難しい・・・・

機械の角度は寝かせすぎず起こしすぎずで調整しながら

マスク越しに、仮留めをしたい部分を確認して。。。と一度で考えることがたくさんでアップアップ!

2枚の板を重ねてある部分を確認して上の板下の板両方いいバランスで仮留めをしないと、くっつかないんです。。。

仮留めだけで私ヒーヒーしてました。笑

続いてはいよいよ溶接本番です。

今までは仮留めでしたので、溶かしながら機械を動かす作業はなかったのですが

本番になると継続的に自分で機械を動かしながら溶接をしなくてはいけないので更に難易度が上がります。。。。

まっすぐには動かずの難しいし、板と板をくっつけなきゃいけないのに全然くっついてない!!

出来上がりがこちらです。

2枚しっかりくっついているところとそうでないところもあり、非常にガタガタですし、

よく見ると穴が空いてるところもあったり。。。

見栄えが・・・・(笑)

細い棒が見えますか?

この棒を溶かしながら溶接する作業もあるのですが

難易度が高すぎて断念です

この作業方法ですと、最初に見せた鱗のような美しい溶接も出来るんですって!

手作業で作るマフラーの魅力

マフラーと聞くと工場で量産されている物が多い思いますが

SSP Factory様は手作業で作っています。

今回は工場見学を始め実際に溶接作業を体験させていただいて尋常じゃないくらいの

難しさを肌で感じました。想像を超えておりました。

日々の積み重ねてきた経験と熟練の技目の前見て、実際に体験し、

お客様のオーダーに対して人の手でじっくりと作り上げていくことって

本当に価値がありますし、温かみを感じますよね。

今回はマフラーをメインに様々お話を伺いましたが、

パーツやカスタム車両の製作も相談できるとのことです。

バイクをより自分好みに染めたい!個性を出したい!

そんな方にはぜひおススメです

社長の坂本さんも奥様もとっても優しいので

親身にお話聞いてくれますよ♩

また、私のためにサイン板を用意して頂きました…!とっても嬉しいです!ありがとうございます。

お店に飾っていただいておりますので、ぜひ見てくださいね。

そしてSSP Factory様は3月21日の 関東工業自動車大学校で開催される「彩の国埼玉バイクフェスタ」にカスタムバイクの展示を行うとの事です!

お話が聞けるチャンスかも?!ぜひイベントにも遊びに来てくださいね。

私もクロスカブ、カスタムしたいな~と夢が膨らんだ1日でした♩

制作・協力:

岸田彩美

バイクの窓口事務局

おすすめコラム

関連記事一覧

おすすめリンク集

pagetop

https://velotime.com.ua

www.velotime.com.ua

pillsbank.net