TOP

【NANA-KOの気ままなバイク日和】走行会「サーキットで遊ぼうEasy Try Circuit」に参加!

  • その他の記事
  • 2017.12.17

【NANA-KOの気ままなバイク日和】vol.14。女性ライダーNANA-KOさんによるバイクレポート。今回は袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されたドッグファイトレーシングの走行会「サーキットで遊ぼうEasy Try Circuit」に参加。

おそらく私の今年最後のサーキット走行になる、

袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されたドッグファイトレーシングの走行会「サーキットで遊ぼうEasy Try Circuit」に参加してきました。

  • トランスポンダー無料貸出。豪華な景品も当たるかも・・・!

今回の相棒はCBR250R。


前回の走行会でF700GSのステップを擦って

今後のサーキット走行車両をどうしようか悩んでいたところに、縁あってやってきました。

まだ手元に来て2回目に乗る日がサーキット走行会。


さらに前傾ポジションのバイクにはまだまだ不慣れなのでドキドキです。

そうそう。アカウントを持っているいろんなSNSで走行会をシェアしていたら、

仲間がたくさん集まってくれました!

バイクの車種はいろいろ、お住まいもバラバラ、年齢も幅広いけれど、

バイクを軸にしちゃえばあっという間にバイク話しに花が咲きますね。


午後からの走行だったのでいつもよりはゆっくり出発し、

走行会に参加する友達と途中で合流してサーキットへ向かいます。


今回は全員にトランスポンダー(車両に取り付けてタイムを計測する発信器)が無料で貸し出され、

すべての走行タイムを計測できることに!


ただコースを走るよりも、タイムとして出てくると自分の課題が見えてきます。

ブリーフィングのあとにポンダーが貸し出され、みんなでわいわいしながら取り付けました。


ダンロップさんが出展していたのでタイヤの空気圧を下げてもらったり、

ウィンカーやライトにテーピングしたり準備します。


12時過ぎに全員で写真撮影とじゃんけん大会、豪華な商品がたくさん並べられています。


そしてなんと!

ダンロップさんからタイヤ前後プレゼント、WAKO’Sさんからはオイル交換券が!

どちらもドッグファイトレーシングの店頭での実施となりますが、それにしてもなんと豪華なんでしょう。

もちろん全員じゃんけんに熱が入ったのは言うまでもありません(笑)

  • 走行開始!自分の自己ベストタイムを高める!

アンダー400クラスから走行開始、オーバー400へと続きます。


オーバー400にはまだサーキット経験が少なかったり、袖ヶ浦は初めてな友達がいたので、

仲間内で上手い方に数周先導をお願いし、コースのどこを走ったら良いかレクチャーしてもらいました。


その後ビギナー、レディスクラスと続いて私の走行の番になりました。


今回のレディス参加者は3人。2人と1人と分かれて先導してもらいました。

うーん、まだCBRに慣れない!コーナーが怖い!

今何速だかわからない!(F700GSは表示されるので、それに慣れてしまった…)

ゼェゼェしながら1本目が終わりました。


2本目。

実は今回のビギナーとレディスクラスは、先導付きで数周走ったあとフリー走行になりました。

全部先導をお願いすることも出来ますが、私はじっくりCBRと向き合うためにフリーで走ることにしました。


周回ごとにラップタイムがコントロールタワー横に表示されるので、走りながらそれも参考にします。

なんとか最後までトラブルなしで走りきりましたが、不慣れからくる恐怖心をなんとかしなければ…。


最後はお待ちかね、恒例となった一般クラスのミニゲーム(レース形式の体験走行)です。

マシンをスターティンググリッドに並べ、レッドシグナル全点灯からブラックアウトでスタート!


3周なのであっという間ですが、このミニゲームでベストタイムが出た!

と喜んでいる友達もいて、見ているこちらも嬉しくなります。

  • 終わった後の談話も楽しみの一つ

終わったあとも名残惜しくて、片付けをしながらバイク談義。

気が付いたらとっぷりと日が暮れていましたが、

それくらいみんな楽しかったんだなぁと誘った私も嬉しくなりました。


ドッグファイトレーシングさんは参加人数と経験を見ながら各回臨機応変に走行会をされていて、

次はどんな走行会になるのだろう?と期待してしまいます。


装備も革ツナギやレーシングブーツなどがあればベストですが、

普段のライディングウェアでの参加もできるため、比較的気軽にエントリーできるのが嬉しいところ。

無料のレンタルツナギもありますしね。


この走行会でもう一つ嬉しいのは、プロが撮影した走行写真を無料でもらえることです。

一般的な走行会では有料(しかもわりと高価)ですから、かなりお得だといえますね。


それにしてもまだまだCBRくんには慣れません。

走行写真を見ても怖々走っているのがバレバレ。


F700GSの大きさとポジション、ABSに慣れきっているので、

前傾でABSが無いというだけで恐怖心が湧いてきてしまう模様。

とにかく課題がいっぱいです(涙)


早く慣れて、次のサーキット走行ではもっと走れるようになりたい!

DFRの室井監督は「来年も走行会を開催します」と言っていました。


この走行会の雰囲気は大好きで、私のような初心者も安心して参加できるので、また仲間を誘って参加します!

サーキットデビューしてみたい方はドッグファイトレーシングのWEBサイトをチェックしてくださいね! 

http://dogfight-racing.com/

制作・協力

NANA-KO

バイクの窓口事務局

  • その他の記事

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
Велосипед Bergamont купить

adulttorrent.org/category/black

www.agroxy.com/prodat/raps-151/harkovskaya-obl