TOP

【NANA-KOの気ままなバイク日和】東京モーターショーレポート!No.1

  • その他の記事
  • 2017.11.04

【NANA-KOの気ままなバイク日和】vol.8 。女性ライダーNANA-KOさんによるバイクレポート。今回は東京モーターショーにて跨れるものを体験リポート!新型を購入しようと考えている方は参考にしてください。

展示バイクの詳しい情報などは各メディアの方々のレポートをご参考頂き、

超NANA-KO的視点でのレポートを書きたいと思います。


ここで明かしますが、わたくしバイク歴は約10年。

所有歴はヤマハ ドラッグスター250、BMW F800S、

カワサキKLX250(現在も所有)、そして現在のメインがBMW F700GS。


その他乗ったことがあるバイクは教習車のホンダCB400とCB750。

試乗やコースなどでレンタルした数台。

あまり多くの種類のバイクには乗ったことがありません。

そして今回跨ったバイクのほとんどでスタンディングチェックをしています。

疲れてきたり足腰を伸ばしたいときにはスタンディングで走るので、どうしても気になってしまうポイントなのです。

そんな私のレポートですが、モーターショーの雰囲気が伝わればと思います。

  • BMW


C evolutionを横目に見て(写真は一枚だけ撮った)、11月1日発売のG310GSをチェック。


「普通二輪免許で乗れるBMW Motorrad」がウリです。

同じシリーズのG310Rが2016年のモーターサイクルショーで発表、発売まで1年以上かかったのですがGSが出てくるまでは早かったですね。

足つきもポジションも好みです。

スタンディングしてもホールド感が良いので、オフロードを走っても楽しそう。

気になるのはマフラーがRと同じでボディの下の方にあること。

オフロード走行をしたときに跳ね上げられた石がマフラーに当たるのでは?というところです。


G310Rも軽くてキビキビ走るバイクなので、

よりアクティブなGSになるともっと機動性がアップした乗り味になっているのではと期待しちゃいます。

早く公道で試乗してみたいです!

つい先日販売が開始されたK1600Bは大きいの一言。

ツアラーというよりはクルーザーというイメージですね。私には大きすぎです…。


R nine T Urban G/Sも跨りました。

とにかく足つきが良い!スタイリッシュで革ジャケットを着て颯爽と走りたいバイクです。


  • カワサキ

新型Ninja250、Ninja400が展示されています。


従来のNinja400はNinja650の車体を使用していたけれど、

新たに設計されたNinja250と同サイズのフレームに400ccエンジンを搭載したとのこと。

そのため前の400ccより40kgほど軽くなったそうです。これ絶対速いじゃん!

2台ともハンドルがセパレートながら高めなのでポジションがキツくないのと車体がスリムで足つきは良い。

ワインディングを走ったらとっても気持ちよさそうです!

フロントマスクも精悍な顔立ちになりました。


今回のモーターショーで発表されたばかりのZ900RSは、カスタムも含めいっぱい展示されていましたが、

今回は跨れるバイクはありませんでした。

でも今回にカワサキブースで一番の注目モデルであることは間違いありません!


気になる方は実際に見て来てください!

東京モーターショー

制作・協力

NANA-KO

バイクの窓口事務局

  • その他の記事

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
витамины для связок и суставов

https://bestseller-sales.com/best-sellers-movies/drama/