TOP

【今週のレア車】Vol.149 ホンダ EZ-9

  • その他の記事
  • 2019.01.31

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。今回は、公道で見る事はまず無いファンビークル ホンダ EZ-9です。

このバイクは1989年に開催された第28回東京モーターショーに参考出品されたコンセプトモデルをベースに1990年9月に市販されました。車体をフルカバーで覆われ、当時、近未来的と言われた斬新なデザインのオフロード走行専用モデルです。

開発コンセプトはバイクの免許を持っていない人や、子供など家族連れでも手軽にバイクの楽しさを味わってもらい楽しみを広げていってもらおうというものでした。そのため、極力バイクらしさを消して、POPでかわいらしく初心者でも操作できるように配慮したある意味特異な乗り物になっています。


普段バイクに接した事のない人でも簡単に乗れるようにクラッチ無しのオートマチックを採用していますのでアクセルのオンオフ、ブレーキ、ハンドル操作に集中する事ができます。またその遊びのフィールドを主にクローズドされたオフロードに設定している事もありウインカーはおろかヘッドライトなど保安部品も装備されていません。よって当然公道の走行は不可です。(中には保安部品を取り付けてナンバーを取得しているコアなファンもいるようです(*^_^*))


ここまで読んでいただくと「なんだ、子供向けのおもちゃみたいなものか」と思われる方もいらっしゃると思いますが、このバイクのもう一つのコンセプトは「バイクの楽しさを知っているベテランも一緒に楽しめる乗り物」でした。そのためバックボーン型フレームに搭載される空冷2ストロークエンジンは、最高出力7.8ps・最大トルク0.92kgのスペックを発揮する本格的なもの(リード90のエンジンコンポーネンツを共有)で、動力系もいわゆるスクーターと同じVベルト式無段変速こそ採用していますが下り坂などでエンジンブレーキが利くように後輪からの逆駆動力をエンジンに伝えるための専用クラッチを装備するなど工夫がされていました。


このようにホンダの想いがたくさんつまったEZ-9、商売的にはどうだったのかが気になるところですが、実はホンダは翌年1991年に更にチャレンジングな派生車種を発売しています。EZ-9の前輪をスキー板、後輪部をキャタピラに変更して雪上走行を可能にしたEZスノーです。まるでスノーモービルのようなこの乗り物、絶滅危惧種といっても過言ではないほど希少車のため実物を見る事はほとんどないでしょう。



今回の現車は白/青/赤の完動品、元々メーターも付いていないので走行距離は?です。年式相応ですので手は加える必要がありますが、手に入れば注目を集める事間違いなし!要チェックです。

前輪がスキー、後輪がキャタピラのEZスノー もはやバイクではないですね(*_*;

バイクの窓口サイトの【遠藤イヅルの珍車カタログ】第9回 でも紹介されています。宜しければご覧ください。

http://skyload.info/report/column/ez-91989

制作・協力

バイクの窓口編集部

  • その他の記事

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol149ez-9
автоматический полив хантер

кломифен купить киев

анаполон