TOP

今週のレア車 Vol.2

  • その他の記事
  • 2016.02.19

今週はRG250Γ(たぶん4型)です。 市販量販車初のアルミフレームに、当時最高出力の45psと 画期的な商品力を持ったバイクで レプリカブームの火付け役とも言われています。 初期型やハーベイ・ウォルターウルフカラーは はやりましたが、このカラーはとても珍しいと思います。

以下はウィキペディアでの4型説明です。

1986年仕様(4型)

1986年2月、プッシュキャンセル式ウィンカースイッチが搭載され、

サイドスタンド警告灯を採用。

開始車体番号GJ21B-109655~。

販売価格はフルカウルが489,000円、ハーフカウルが469,000円、

ウォルターウルフカラーが509,000円。

この時期になるとサーキットでのレースなどでは

後発のホンダのNSR250RやヤマハのTZR250に劣勢を強いられていた。

そのため、V型エンジンを搭載した新車への期待が高まり、販売面でも苦戦を余儀なくされた。


出典:ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%BBRG250%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%9E

  • その他の記事

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol2
https://topobzor.info/telefony-i-smartfony-zopo-na-alijekspress-–-kak-vybrat-i-kupit/

velomarket.org.ua/stati/layfkhaki-dlya-velosipeda-kak-khranit-velosiped/

платья для маленьких девочек