TOP

【今週のレア車】Vol.99 ハーレーダビッドソン XLCR

  • その他の記事
  • 2018.01.23

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。 今回は、ハーレー唯一のカフェレーサー、XLCRです。


1977年にハーレー創業者の末裔である、ウィリアムGダビッドソンが生み出したハーレー正規の

カフェレーサーXLCRは、ハーレー初のキャストホイールやビキニカウル、ヨーロピアンカフェレーサーの

様なタンク&シート、フラットハンドル、ブラックアウトされた各部などにより、一般的なハーレーの

ディテールとは全く異なる仕様となっています。


モチーフは当時ロードレースで活躍していたXRTTやダートトラックのXRとのことですが、従来の

ラインナップと異なるそれは、アメリカでは受け入れられず翌78年の2年間で3,000台あまりを

生産したのみで終了しています。

現在ではそれ故、幻の名車として人気が上がっており、スポーツスターをベースにXLCR風

カスタムを行ったケースはよく見られますが、昨年発売された新世代ハーレーである、XG750

ベースのストリートロッド”は、ハーレー自らがXLCRの特徴を模した外観としています。

XLCRは生まれた時代が早すぎたのかもしれませんね。


ちなみに、ハーレーに詳しい方は今さら話ですがXLCRのモデル名についてちょっと解説。

XLはご存じの通りスポーツ系モデルであるスポーツスターの呼称ですが、そこに付くCRはズバリ

「カフェレーサー」。

なので、「スポーツスター・カフェレーサー」という意味なんですね。



そもそもの生産台数が限られており、さらに日本へは新車販売時ほとんど入らなかったそうで、

ハーレーの中でもかなりレアな車種になりますが、現車は初度登録が1978年になっており、

恐らく新車時から日本に生息している希少な個体と思われます。

かれこれ40年前の車両なので年式相応のヤレは見られますが、希少なXLCR、興味ある方は

是非この機会に。

シングルシート&カウル。いかにも”カフェレーサー”な造形。

カウル&メーター。さすがタコメーターが標準です。

制作・協力

バイクの窓口編集部

  • その他の記事

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol99xlcr
https://shopvashtextil.com.ua

https://agroxy.com

https://bestseller.reviews