TOP

中古バイク購入時のチェックポイントその3~足回り

  • バイクのメンテ記事
  • 2017.12.20

中古バイクを購入するにあたっては、必ずチェックしておきたい箇所が幾つかあります。特に大型バイクは車重もパワーもありますから、足回りに負担がかかります。 ここでは、中古バイクを買う際、足回りのどこをチェックすべきかを解説します。

  • 駆動系

(1)チェーンドライブ

チェーンは消耗品ですから、走行距離に応じてスプロケットやチェーンは摩耗してきます。


チェックポイントとしては、

・チェーンに錆や固着はないか

・チェーンのたるみは適正か(これは調整できます)

・チェーンがマフラーやスイングアームに擦れたあとはないか

・スプロケットが尖っていないか、山に欠けはないか(尖っていると使用限界です)

※エンジン側の「ドライブスプロケット」、後輪側の「ドリブンスプロケット」両方見るとベストです

(2)シャフトドライブ

シャフトドライブの場合は、後輪がスムーズに回るかどうかがチェックポイントです。メインスタンドを立てて後輪を浮かせ、手でタイヤを回してみます。そのとき、

・想像以上に重くないか

・異音、ゴリゴリした感触がないか

をチェックします。どちらかでもあれば、オイルが固くなっているか、内部がイカれている可能性があります。また、

・ギアボックス周囲からオイル漏れがないか

もチェックしましょう。

そして、これらの点に一つでも該当するところがあれば、納車前に整備あるいは交換してもらいましょう。購入後に気づいた場合は、チェーン一式で5万円前後、シャフトだと10万円程度かかってしまいます。
  • サスペンション

チェックポイントは次のとおりです。


(1)フロントサス

・インナーパイプに錆や傷はないか(手で撫でると分かります)

・アウターパイプがひどく錆びていないか、傷はないか

・フロントブレーキをかけてフォークを縮ませ、ふわふわした感触がないか

※あればダンパーが抜けている可能性があります

・フォークブーツに亀裂かないか、オイル漏れはないか

・左右の劣化具合が同じか

またハンドルを左右に動かし、ステムベアリングのガタ、引っかかりもチェックします。

(2)リアサス

基本的にはフロントサスと同じで、リアサス特有のチェックポイントとしては、

・ダンパーが抜けていないか

※シート後端を押して、ふわふわしないかをチェックします。すればダンパーが抜けている可能性があります

・モノサスの場合、リンクが正常に動くか、錆やオイルもれがないか

  • タイヤ

タイヤは、前オーナーのテクニックや走る道によって、減り方が大きく違ってきます。

・ヒビ、割れはないか

・スリップサインが出るほど減っていないか

・左右の片減りがないか

※もし片減りしていたら、そのバイクはやめましょう。車体が歪んでいる可能性があります

・サイド末端まで使われていないか、サイドが溶けていないか

※これら特徴があるバイクは、かなりハードな走りをしていた証拠です。転倒や事故歴の可能性が高くなります

また装着されているタイヤがツーリングタイヤかハイグリップタイヤか等、銘柄を見ることによっても、前オーナーの使い方はある程度推測できます。

以上、足回りについて見てきましたが、大型になればなるほどこれらは早く傷みますから、見落としがないよう、十分チェックしたいものですね。

制作・協力

バイクネットAJ事務局

  • バイクのメンテ記事

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す