TOP

中古バイクの選び方(50cc・原付編)

  • バイクのメンテ記事
  • 2018.03.14

私たちの生活の中に最も密着しているバイク。それは50ccスクーターに代表される原付二輪です。自動車免許を持っていれば乗ることのできる手軽なバイクであり、維持費の安さや燃費の良さも大きな魅力です。そんな原付二輪の中古バイクを選ぶ際にはどのような点を考慮すべきなのでしょうか。

  • 50cc・原付二輪の特徴

50ccという限られた排気量の中でバイクメーカー各社が開発にしのぎを削っている原付。私たちの生活に最も密着したバイクでおなじみの存在です。

スクーターはもちろんのこと、スポーツタイプやアメリカンなど、実にさまざまなタイプの原付バイクが存在しています。その用途も日常生活の移動手段としてはもちろん、趣味として楽しむ人、サブマシンとして所有する人もいます。

原付のメリットは数多くありますが、車体価格の安さや維持費の安さといった経済的理由は大きいといえます。これが中古バイクとなれば更にリーズナブルに手に入ります。スーパーカブのように低燃費で車体そのものの信頼性の高い原付はあらゆる場面で重宝され、今や郵便配達をはじめとして新聞配達、飲食店の出前など、あらゆる業界で使用され、中古バイク市場でも人気があります。それほど日本という国において原付はなくてはならない存在であり、ユーザーのシビアな要求にも応えうる高い能力を持ち合わせた存在であるともいえます。

  • 中古バイクで50cc・原付を選ぶコツ

原付の中古バイクを選ぶ際には、まず自分がどのような用途でバイクを使用するのかを考えてみましょう。

仕事や日常生活の移動手段として使用するのであれば、できるだけ耐久性が高く燃費の良いスーパーカブなどのスクータータイプの中古バイクがおすすめです。スクーターを選ぶ場合にはできるだけメジャーな車種のほうがアフターパーツも多くメンテナンスも楽です。

通勤や通学などに使用する場合の定番はスクーターですが、最近ではメットインスペースを装備した車種が圧倒的に多いです。スクーターの中古バイクを選ぶ際には、実際に自分が使用するヘルメットを販売店まで持っていき、しっかりとメットインスペースに収納できるかをチェックしておきましょう。フルフェイスのような大きなヘルメットの場合、スクーターによっては収納スペースが足りずにシートが閉まらないことも考えられます。

中古バイクの中にはコンディションが悪いものもあるため、価格がそれほど変わらないようであれば新古車のようなコンディションの良い状態のものを選ぶことも考えておきましょう。

  • まとめ

原付という存在は私たちの生活の中でなくてはならない存在です。実際に中古バイクを選ぶ際には今回ご紹介したポイントを参考にしていただき、ぜひ役立てていただけると幸いです。

制作・協力

バイクネットAJ事務局

  • バイクのメンテ記事

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す