TOP

東京モーターサイクルショー メーカー別一押しモデルレポート!(輸入車編 パート1)

  • 最新ニュース
  • 2019.03.29

先日開催されました東京モーターサイクルショーのメーカー別の一押しモデルレポートです。今回は海外メーカー編です。ハーレー・BMW・ドカティ・トライアンフ・KTMと主要海外メーカーが目白押してす!

3月22日(金)に開幕した東京モーターサイクルショー2019。

輸入車メーカーにブース展示車の「一押しモデル」を聞きましたので紹介します!

同時に注目のラインナップもレポート!

ハーレーダビッドソン

一押しはソフテイルの進化形、FXDR114!倒立フォーク採用。圧巻の佇まい。



アイアン 883。車両は全て2019年モデルを展示。



ストリートボブ。ブース展示車の全てに跨ることが可能でした。

BMW

一押しは10年ぶりにフルモデルチェンジのS 1000 RR!7月発売予定。



本邦初公開のR 1250 RS。新型ボクサーエンジン搭載。



こちらも本邦初公開のR 1250 R。2019年デビューのモデルを多数展示。

ドゥカティ

一押しはパニガーレ V4R!ドゥカティ史上もっともパワフルで高性能なモデル。


ハイパーモタード 950SP。届きたての車両を展示!



マルチストラーダ 1260 エンデューロ。長距離のアドベンチャーライディングに!

トライアンフ

一押しはボンネビル T120 ダイヤモンドエディション。世界限定900台!



注目のニューモデル スクランブラーシリーズから、スクランブラー1200XE。



写真の新型スピードツインは2月の発表会イベントでライブペインティングを実施。

尚、ページトップのマシンは今年からMoto2への供給が決まったトライアンフ製トリプルエンジン搭載のレース車両です。

KTM

一押しは今年発売予定の新型 790 アドベンチャーRは日本初公開。

奥は790 アドベンチャー。

次回は輸入車編 パート2をお届けします!

取材協力

東京モーターサイクルショー協会 

(写真・文) 森井智之

  • 最新ニュース

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す