TOP

東京モーターサイクルショー メーカー別一押しモデルレポート!(輸入車編 パート2)

  • 最新ニュース
  • 2019.04.01

先日開催されました東京モーターサイクルショーのメーカー別の一押しモデルレポートです。今回は海外メーカー編の続編です。MVアグスタやハスクバーナ、モトグッチ、ベスパ、アプリリア等、まだまだ有名な輸入車メーカーが沢山あります!前回紹介しきれなかった海外メーカーのブースをこちらでレポートします。

3月22日(金)に開幕した東京モーターサイクルショー2019。



輸入車メーカーに聞いたブース展示車の「一押しモデル」レポート パート2!。
同時に注目のラインナップも紹介します!



輸入車編 パート1はこちらから

http://skyload.info/report/news/1-1

  • 日本初公開の車両だ続々と!

MVアグスタ

一押しはブルターレ 1000 セリエオロ!。世界限定300台。



スーパーベローチェはMVアグスタ黄金期デザインと現代のF3が融合したモデル。

日本初上陸!

ハスクバーナ

一押しは6月発売予定の新型ストリートモデルSVARTPILEN 701。日本初公開!。

モト・グッツィ

一押しはオールテレーンモデルのニューモデル V85TT。日本初公開!。

  • 電動バイクの展示も多数あった

ベスパ

初の電気モーター駆動モデル「ベスパ エレクトリック」を日本初公開。

アプリリア

一押しはRSV4 1100ファクトリー!2019年モデルを発売前に特別公開。

量産スーパーバイク初の「空力ウイングレット」を装備。

Tuono V4 1100ファクトリー 2019モデル。

RSV4 RFスーパーバイクのコンポーネントを受け継いだネイキッドマシン。

インディアン

一押しはフラットトラックスタイルのFTR1200S レース レプリカ!

  • 各社自慢のバイクを堂々展示

キムコ

一押しは電動モーターと6速マニュアルトランスミッションの「Super NEX」 。

ジャパンプレミア。

ブースには主力のスクーターラインナップを多数展示。


ロイヤルエンフィールド

一押しはカフェレーサースタイルのコンチネンタルGT650!届きたてです!



マルチパーパスモデルで人気のヒマラヤン。



ランブレッタ

一押しは新カラーのホワイト / ブルー!


ラリーストの三橋淳氏プロデュースのアウトドア仕様を展示。

テーブルとしても使える折りたたみ式スペアタイヤ用キャリアはワンオフ製作品。



プジョー・モトシクル

一押しはジャンゴ 125 ABS 120周年 リミテッドエディション!。100台限定モデル。



専用カラーのシート、バックレスト&ハンドルグリップ。

ショートスクリーン、シリアルナンバープレート付き。


ページトップの写真はジャンゴ 125 ABS ディープピンク。

ジャンゴは伝統あるライオンブランドの歴史を体現するネオレトロスクーター。



次回はパーツ・アクセサリー関連ブースのレポートをします!

取材協力

東京モーターサイクルショー協会 

(写真・文) 森井智之

  • 最新ニュース

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す