TOP

【東京モーターサイクルショー2018】Honda 125㏄~250㏄クラス編

  • 最新ニュース
  • 2018.03.28

第45回 東京モーターサイクルショー2018(3月23日~25日)の中からホンダ車125~250㏄クラスをご紹介します!

  • 話題のPCXハイブリット&エレクトリック、フォルツァもフルモデルチェンジ!

ブース中央は、新型PCXのハイブリッドとエレクトリックを壇上に展示。

ホンダの意気込みが感じられます。



■PCX・ELECTRIC(エレクトリック)


■全長:1,923mm 全幅:745mm 全高:1,107mm

■定格出力:0.98kW 原動機種類:交流同期電動機

■バッテリー種類:リチウムイオンバッテリー



■PCX・HYBRID(ハイブリッド)

ハイブリッドシステムは、燃費よりパワーをアシストする機構とのことで、試乗が楽しみですね。


■全長:1,923mm 全幅:745mm 全高:1,107mm
■エンジン種類:水冷 4ストローク OHC 単気筒124㏄



新型フォルツァも多くの人が注目していました。

シャープなデザインで引き締まった車体と、余裕のシート下スペースで注目を集めていました。

(価格は60万円以下を予定か?)


  • 新型モンキー125&スーパーカブ125

■新型モンキー125

■全長1713mm×全幅753mm×全高1030mm

2まわりほど大きくなった印象です。


カスタムパーツも数多く用意され、前モデル同様、”遊べるバイク”となるんでしょうね!

発売が楽しみです。


■スーパーカブC125

■全長1910mm×全幅710mm×全高1002mm

■エンジン:空冷 4ストローク OHC単気筒


ヘッドライトはLED化。ホイールもキャストに変更され、

カブなのに高級感が感じられますね。カラーリングもキレイです。

  • NewカラーのCBR250RR&CRF250RALLY

■CBR250RR(2018)

ホワイトカラーでレーシーな印象です。


■CRF250RALLY(2018)

赤の印象だったCRFラリーは、渋いグレーカラーに。



■東京モーターサイクルショー 2018


(写真・文)森井智之

  • 最新ニュース

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
http://lkredit.com.ua

www.renault.niko.ua

https://medicaments-24.com