TOP

Honda ライディング ギア 2019春夏モデル商品説明会

  • 最新ニュース
  • 2018.07.29

7月25日(水)に「ホンダ ライディングギア 2019 春夏モデル 商品説明会」がメディア向けに行われました。ホンダがプロデュースする二輪アパレルですが、毎年、デザイン・機能・価格のバランスが取れた商品が発表されており、注目のアイテムが目白押しです。

  • スポーティなモデルから、カジュアルまで幅広くラインナップ!

Honda ライディングギアは「より安心にさらに快適に」をテーマにしてウェアを開発。春夏モデルは、効果的に走行風を取り入れ快適性を確保しつつ、各部にプロテクターを装備してライダーを保護しています。



また、展示でまず目に入ったのは、全日本ロードレース選手権に参戦するホンダ ワークスチーム(Team HRC)が使用するカラーやラインを施したアイテムの展示でした。JSB1000ライダーの高橋巧選手が着用するイメージ写真を展示していましたが、レースファンにはたまらない注目のラインナップだと思います。



今回もHRCのロゴが入ったジャケットの新作を多数展示していましたが、中でも気になったレインスーツです。配色がスポーティで、触った感触がレインスーツらしくない「サラサラ」とした、普段着れそうな独特な感じでした。これはぜひ、発売時に手に取って確かめていただきたいアイテムです。



ジャケットは、ロードスポーツ向けのスポーティなデザインと色使いのモデルは従来通りの路線の一方で、以前に比べ落ち着いた色合いのモデルがさらに増えたように思います。



開発の方に聞くと、ユーザーからの声でバイクを降りた後、街を歩いても馴染むデザインを好む傾向が寄せられ、今後はさらにメーカーロゴも目立たなくする方向になるかもしれないとのことです。



今回発表のウェアでも、ジャケット、インナーでパーカータイプのフード付きが見受けられ、ライディングギアの機能を備えながらも、自然な感じのデザインが新鮮でした。



パンツで注目は、ひざ下が脱着出来るモデル。

取り外すと涼しげな感じですし、ブーツ脱着が容易になります。


  • 女性を意識したシルエットのモデルもラインナップ!

今回は、女性が着用するのを意識したシルエットを備えたモデルも多数ありました。

ウェアの基本はユニセックスのデザインながら、ウエスト周りを引き締めることが出来る機能を備えているモデルもあり、要注目ポイントだと思います。


今シーズンの2018秋冬モデルも展示していましたので、モデルのお二人に着用してもらいました。

まもなく発売予定です。


  • グローブやバッグ類、オリジナルヘルメットなど、ホンダのギアが多数展示

新作のグローブやバッグも多数展示。


スーパーカブ生誕60周年を盛り上げるアイテムも企画中とのことです!


ゴールドウイング、CB1000R、CRF1000Lアフリカツインをイメージしたオリジナルヘルメットを紹介。中でもCB1000Rモデルは、サイドの模様の部分が立体的になっていて高級感がありました。


■ホンダライディングギア

https://www.honda.co.jp/bike-accessories/wear/index.html


<取材協力>

(株)ホンダ モーターサイクルジャパン


(写真・文)森井智之

  • 最新ニュース

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す