TOP

【島根鳥取】大根島・境港ツーリング

  • バイクのツーリング記事
  • 2019.04.30

【きまぐれライダーよっしーの「エンジョイ・ツーリング!」】Vol.28。今回は島根から鳥取にかけてツーリング。境港周辺の水木しげるロードは走っていて楽しそうですね。道の駅「キララ多岐」も絶景!このコース、おすすめです!

前回に続いて今回も山陰方面にツーリングしました。これから4月末からゴールデンウイークに突入するわけですが、仕事等で思うようにツーリングに出かけることが出来そうにありません。なので、今回のツーリングが「平成最後」のツーリングになるかもしれないと思い、意気込んで出発しました。

  • 牡丹が満開の大根島!

■中国道と松江道を使って、一気に宍道まで!

自宅を出発し、国道54号線を北上し、高田ICから中国道へ上がりました。三次東ICからは無料区間の松江道へ。一気に宍道湖SAまで走り時短に成功です(笑)


■牡丹が満開の大根島へ

最初の目的地は、中海に浮かぶ松江市の島「大根島」です。大根島は牡丹の花が有名で、その生産量は全国一を誇っているそうです。由志園など有名な牡丹園がありますが、今回は、無料で見学できる「中国牡丹園」に行ってみました。


■無料なりに楽しむ…

中国牡丹園は大根島がある八束町が、中国山東省の都市と技術交流を行った牡丹園だそうで、珍しい品種の牡丹もあるとか…。有料施設に比べると、華やかさに欠ける雰囲気ではありましたが、何といってもここは無料開放されています。無料なりに楽しむことが出来ました!


■大根島で意外な発見が!


大根島イコール牡丹という印象でこれまでいましたが、鮮やかな菜の花があちこちで満開で、色々な風景をバックに楽しめたのが思いもよらない収穫でした。真っ青な晴天に恵まれたので、普段は霞んで全貌が望めない「大山」もこの日はくっきり見えました。その雄大な大山をバックに、青空に映える黄色の菜の花が何より印象に残りました。


  • 水木しげるロードで「鬼太郎」を楽しみながらツーリング

■あのCMで有名な橋は大根島にあります

某クルマのCMで有名になった「べたぶみ坂」はここ大根島にあります。大根島と境港を結ぶ橋「江島大橋」がCMで有名となったべたぶみ坂です。今は落ち着きましたが、CMが流れた当初はスゴイ人でごった返していました。その勾配は大根島側からが6.1%と驚くほどではないのですが、見る角度によってホントすごい急角度に見えるのです。

大根島や境港に行かれましたら、ぜひその目で確かめてみてくださいね!


■境港は「鬼太郎」一色!

べたぶみ坂を渡ると、そこはもう境港市。境港といえば「鬼太郎」。境港市のキャッチフレーズも「さかなと鬼太郎の町」なんです(笑)

境港に来たら、この鬼太郎と海鮮ランチは必見・必食なんです。ということで、境港駅周辺から「鬼太郎」を楽しんでみます。


■右を見ても、左を見ても、上を見ても「鬼太郎」!

境港駅周辺はまさに鬼太郎一色!作者水木しげるさんのブロンズをはじめ、鬼太郎やその仲間たちのキャラクターで溢れています。上を見上げると街灯は「目玉おやじ」、そして壁面には鬼太郎ファミリー。JR境港駅は、別名「鬼太郎駅」、走る列車は鬼太郎のラッピングトレイン…本当、鬼太郎三昧です(笑)


■水木しげるロードは楽しさMAX!

境港駅から800m以上続くのが「水木しげるロード」…177体のブロンズが沿道に立ち並んでいます。私は何度もここを歩いていますので、この日は車上散策のみにしましたが、しっかり時間を作って、ゆっくり散策することをお勧めします。お気に入りの妖怪がきっと見つかります。


私のお気に入りは何といっても「鬼太郎と目玉おやじ」。この日は外国人観光客に席巻されていましたが、タイミングを見計らって、そのお気に入りのブロンズと愛車FJRの2ショットもバッチリ抑えました!



■もう一つの境港の楽しみ…さかな!

意外かもしれませんが、実はここ境港は「生の本マグロの水揚げ量日本一」なんです。そのシーズンは夏(6~7月)なので、この日は食べれませんでしたが、マグロだけでなくさかなの美味さは折り紙付き。街のあちこちに「海鮮料理や海鮮丼」のお店が立ち並びます。


その境港で、私の一押しは卸売市場内にある「お食事処かいがん」です。ここは以前は漁業関係者や地元民が来る、知る人ぞ知る穴場だったのですが、近年、たくさんのテレビで紹介されて以来、穴場ではなくなり有名な行列店になってしまいました(泣)。


ですが、混まずに入店する方法があります。市場にあるお店ですので、実は朝7時からオープンしています。ですので、昼前の早い時間帯を狙っていけば、行列に合わずに入れるのです!



■ちょっと贅沢に…特選海鮮丼の天ぷら付き

悩みに悩んでオーダーしたのは「特選海鮮丼の天ぷら付き」!新鮮な刺身やカニがたっぷり入った海鮮丼にアツアツの天ぷらが付いたセット。味、量ともに文句なし!これで税込み2160円ですから、コスパ最高。本音を言えば、穴場として「秘密にしておきたかったお店」なんです。

  • 次に向かうは珍スポット!?

■出雲の珍スポットへ

境港から境水道大橋を渡ると、再び島根県松江市となります。ここから美保関灯台へ行こうかと思っていましたが、西へ移動し、先日の三瓶山ツーリングで行きそびれた「珍スポット」を目指すことにしました。


■電車が横切る??粟津稲生神社

出雲市の粟津稲生神社に来ました。ココは鉄道ファンの撮影スポットとしても人気だそうで、20基の朱色の鳥居が続く参道と社殿の間に一畑電車の線路を跨ぐ形になっているのです。


その鳥居と社殿、そして一畑電車を撮るのが人気みたいです。この日は上手くタイミングが合わず、一畑電車とのスーパーショットは撮れませんでしたが、その珍しい景色と愛車の写真が撮れましたので、大満足です!




■道の駅「キララ多岐」は絶景スポット!

道の駅「キララ多岐」は眼下に広大な日本海が広がる絶景スポットです。じゃらんの「全国道の駅ランキング」でも堂々の9位入賞。絶景だけでなく、地元で獲れた新鮮な海鮮料理も楽しめますし、人気のラーメン店もあります。


出雲大社や日御碕からほど近いこともありますし、多くのツーリングライダーも立ち寄っています。ここは超お勧めの道の駅ですので、ぜひ立ち寄ってみてください。



■山陰道の新開通区間を楽しみ帰路へ…

平成31年3月17日に、道の駅キララ多岐のすぐそばの出雲多岐ICから大田朝山ICまでの9km区間が開通しました。そこを走ってみたいということもあり、帰路は出雲周りのコースを選択しました。山の高いところを走っていることもあり、あちこちで日本海が眼下に広がります。爽快にあっという間にその9kmを駆け抜けました。


■平成最後のツーリング、次は令和初のツーリングか…

大田市から石見川本、大朝を経由し無事帰宅しました。終日、最高の天気に恵まれ多くの絶景と爽快な走り、そしてグルメを存分に楽しむことが出来、大満足なツーリングとなりました。

4月末はツーリングに出れそうにありません。次に走るときはきっと「令和」になっています。記念すべき一発目のツーリング…どこに行こうかな?

楽しみです♪

【ツーリングデータ】

バイク ヤマハFJR1300AS

走行距離 387km 燃費 20.9km/L


【走行ルート】


【参考動画】

制作・協力

よっしー

バイクの窓口事務局

  • バイクのツーリング記事

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す