TOP

【信州】女の神展望台⇒美ヶ原のビーナスラインを走るキャンプツーリング!

  • バイクのツーリング記事
  • 2017.09.07

【迷走?ライダーSHINの行き当たりバッ旅】Vol.1。今回から始まるライダーSHINプレゼンの新シリーズ!今回は信州・長野編。女の神展望台⇒美ヶ原⇒陣馬形山キャンプ場⇒下栗の里⇒奥大井湖上駅という絶景満載のコースです。美しいビーナスラインのドローン画像も必見です。

はじめまして!

関西在住、バイク歴30年超と、無駄にバイク歴だけは長い、「迷走?ライダーSHIN」です。

バイクとキャンプが大好き、そしてなんと行っても、

バイクの機動性を活かした「行き当たりばったり」が大好き!


常に「ワクワク・ドキドキ」を求めて迷走しています。

僕のレポートが皆さまの旅のヒントになれば嬉しいなぁ。

今後もよろしくお願い申し上げます。


さて、今回の迷走?は…

  • ビーナスラインを快走したい!

「ビーナスラインを快走したい!」

急にそんな気持ちが沸々と湧いて来ることってありませんか?

今回、電車に揺られている時にふと思ってしまったんですよね~(苦笑)

性格的に一旦思うともう止められない、行っちゃいましょう♪


ビーナスラインを快走するなら平日に限ります。

しかしながら、いくら平日とは言え、快走するには早朝でしょうと、

深夜2時に大阪を出発。


「行き当たりバッ旅」のため、その時の気分によってはお泊まりの可能性も。

キャンプ道具一式積んでの旅立ちです(笑)

名阪国道から東名阪道、名古屋高速、中央自動車道を経て

7時過ぎにはビーナスライン沿い「女の神展望台」に到着。

快晴とはいきませんが、八ヶ岳の広大な裾野と茅野市街を一望できる展望にうっとり。

気持ちも盛り上がり、車もほとんど走っていないビーナスラインを快走します。


がっ!

登るにつれてビーナスラインがガスで覆われてきます。

そのうちガスも晴れると願い、そのまま走り続けますが、相変わらず濃い~ガスの中を走ることに。


もう20メートル先も見えない場所もある位。

ショックのあまり、写真を撮ることもできず(苦笑)


傷心のまま「美ヶ原」に到着…

気落ちするも、ここでミラクルが!

なんとガスが一気に晴れてきました♪

視界も晴れて最高の見晴らしが!

ついつい叫んでしまう「僕って何か持ってるよな~」(笑)

思わず持参したドローンで撮影♪

ドローンで自撮り(笑)

これだけ晴れているのだからと、

以前より脳内にインプットされているあの場所へ行こうと、これまた行き当たりバッ旅♪


美ヶ原から30分程移動します。

この景色です!


  • 裏ビーナスライン

この「裏ビーナスライン」は本家「ビーナスライン」に比べて認知度が低いため車も少なく更に快走道路。

おまけに景色も最高とくれば、多少寄り道にはなりますが立ち寄って損はありません。


ここでもドローンにてパチリ!

裏ビーナスラインを堪能し、本家ビーナスラインを下っていきます。

この頃にはすっかりとガスも晴れて最高の景色がその姿を表します。


時間的に車の走行が増えているのは仕方無い、

それならそうとノンビリと景色を堪能しながら走りましょう。

夏にはニッコウキスゲも咲き乱れています。

ビーナスラインでゆっくりし過ぎました。

麓に降りてきた頃には13時。


さて、次はどうしようか…

「天空の池」と言われる山上に浮かぶ「池」が脳裏に浮かびあがりました。

その景色もまた絶景との噂に聞きます。


どうしても見たい!

国道152号を約1時間南下、

黒川牧場跡地へ続く林道を駆け登ったところにあるのですが…なんと!


通行止とは(涙)

ここに到着するまでのあのクネクネ酷道の苦労は何だったのか~~(大泣き)

※行かれる際は自治体の道路情報をご確認ください。


気を取り直して、そろそろ今夜の宿泊地を探さなくては…

やはりここまで来たら日帰りしたくないとの思いが強くでます(苦笑)

以前から、南信州でキャンプするならここでやりたいと思う場所があるので、とりあえず行ってみます。

  • 陣馬形山キャンプ場

ここは予約不要、そして無料です。

それになんと言っても、1445mの陣馬形山頂上からの景色は360度の絶景。


アクセス路は荒れている場所もありますが、まぁオンロードバイクでも問題無いでしょう。

この景色を見ながらのキャンプは最高です。

この絶景を求め、平日にも関わらず他に10組程度のキャンパーが。

土日だと凄いんだろうなぁ。

ドローン画像です。

ようやく落ち着けます。

遅い昼ごはんを。

ん?晩ごはん兼用かな(苦笑)

信州と言えばやっぱり「蕎麦」ですよね♪

昼ごはん後は、テント内でお昼寝やら、麓の温泉で汗を流したりノンビリと過ごします。

キャンプに来てせかせかと忙しくするより、何するでも無く、

このノンビリタイムが至福のひとときなんですよね~。


そして素晴らしい夜景を見ながらのアルコールタイムを堪能し、眠りにつきます。

翌日、周りのキャンパーがまだノンビリしている時間に朝食。

簡単に済ませます(笑)

そしてそそくさと出発します。

「ライダーの朝は早い!」を周りのキャンパー達にさり気なくアピール(笑)

国道152号を南下します。


この国道152号は途中で途切れ、

舗装林道にエスケープしながらの南下になるので結構時間がかかります。


まず向かうは「日本のチロル」こと「下栗の里」

国道152号から舗装林道を15分程度走るとその絶景がでてきます。

下を覗き込むと、その傾斜にビックリ!

この38°の急斜面におよそ60世帯住んでいるとのことです。

この地の開拓を決めた昔の人達に敬意。

ここから更に進み、駐車場から約10分歩くとビューポイントに到着。

素晴らしい!冬の景色も気になるところですが訪問は超困難でしょうね。


このまま大阪まで戻るか…

いや、もう一箇所見たいところがあります。

どうするか…

いや、悩んだら「GO!」でしょ(笑)


これも行き当たりバッ旅!

国道152号を更に南下、県道389号を東に走りますが…

これがまたロングな酷道…

そして喉が乾くも道端にコンビニはもちろん、自販機すら無い。


1時間以上、クネクネと県道を走りようやくたどり着いた国道362号。

国道と言えど、これまたコンビニも無い…

ごく稀に自販機は出てきますが、コンビニまで我慢する!


と、誰に言われた訳でも無いのに無駄な意地を張ります(苦笑)

さらに走ること30分。


大井川沿いにでたところでようやくコンビニを発見、生き返りました~~(笑)

ここまでの90分、写真を撮ることすらできないほどのダメージを受けました(苦笑)

最後に行きたいところ…


大井川鐵道の秘境駅、「奥大井湖上駅」です。

国道362号、大井川沿いを北上し、県道388号に入るのですが、おおー!思いもかけず遭遇!

あれはまさしく国内唯一の現役「アプト式機関車」

確か「ブラタモ」で紹介されていたなぁと一人感動(苦笑)

そのまま県道を進み、見えてきました…

最近は秘境駅として人気が出てきた「奥大井湖上駅」

実際に見ると「おおー!」と思わず叫んでしまいます。

ちょうどタイミングよくガタタンガタタンと列車がきて停車しました。

バイクのエンジンを止めると、ただ列車が橋をたたく音だけが、周りの山々に反響しています。

しばし、その余韻に浸ります。

うん、やっぱりここまで来てよかった…と、しみじみ。

たまらず、橋の上を駅まで歩いてみました。

さぁ!後は帰るのみ。

奥大井湖上駅から一気に南下。

新名神高速から伊勢湾岸高速、名阪国道を経由して大阪へと戻りました。

このアフリカツイン、高速・長距離移動は文句のつけようもなく快適です。

ウィンドスクリーンも絶妙な高さ。

走行風がヘルメットの上を通る設計がされており、ヘルメットから下にほとんど走行風が当たりません。

ヘルメットのシールドに虫の一匹すら付かないのには驚き!

故に、ヘルメットのベンチレーションシステムが全く役に立ちません(笑)

取り回しの重さ以外は本当に文句のつけようも無い位に優秀♪

コイツと居てるとますます遠くにお出かけしそうです(笑)


信州へレンタルバイクで出かけよう。

きっと、休日がもっと楽しくなる・・・

全国120拠点・原付からリッターバイクまで

WEBより予約から決済まで・・・

ご予約はこちらをクリック↓↓

制作・協力

SHIN

バイクの窓口事務局

  • バイクのツーリング記事

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す