TOP

【奈良】これぞ自然の神秘!川上村御船の滝、氷瀑ツーリング

  • バイクのツーリング記事
  • 2018.02.04

【迷走?ライダーSHINの行き当たりバッ旅】vol.20。今回は奈良県にて滝の氷瀑を見にツーリングです。冬のこの時期、ツーリングを避けている方も多いですが、この時期にしか見られない景色があるのも事実です。

氷瀑というのをご存知でしょうか?

滝が氷結するという、この時期ならではの自然の神秘現象です。

滝がその水の流れを止め、まるで時が止まったかのようなその景色は

想像を超える感動を与えてくれます。


今回はその氷瀑を見に行くツーリング。


何処の滝も氷瀑になる訳では無く、立地や水量、気温等

氷瀑になるための条件が揃わないとその姿を見ることはできません。

まぁ、一番重要なのは「普段の行い」でしょうか(笑)

  • 行く前にラーメン屋の予約。早起きは三文の徳♪

向かうは奈良県「川上村」

大阪からは国道370号線を経由して国道169号線を南下します。


奈良県吉野町を通過時にふと思い付きます。

お得意の「バッ旅」(笑)

どうせなら「あのラーメン」を食べたい。

あのラーメン…


この吉野町にはライダーに大人気のラーメンがあります。

●味はもちろん美味しい

●一日50食限定

●立地は最悪で秘境

この要素、いかにもライダー受けしますよね(笑)

順番待ちのシートに名前を書いて待つのですが、開店前に受付終了になることも。

塩ラーメンの「ラーメン河」さん。

11時30分から開店と表示されていますが、

店主の準備、気分次第では早めの開店になります。

只今8時。

すでに1組名前が(苦笑)

ここで予約の名前だけ記入しました。

  • たどり着くまでは一面の雪景色

ひとまずこれで食べる権利は取得。

後は10時30分には戻って来るのみ。

国道169号線に戻り、再び南下します。


舗装林道に入り、氷瀑で有名な『御船の滝」へのアクセス路に到着。

滝へ向かう林道の入口にはこんな看板。

本来、ここに有料駐車場があるので駐車してから徒歩で向かうのですが、

駐車場のオバちゃんに突入していいか聞くと、好きにしたらいいとの返事♪

セローとブロックタイヤの組み合わせ、普通の雪道なら難無く走れます。

途中から急坂の凍結路面…

無理したら行けないことも無いけど、ソロだし、基本的には通行止め道路。

何より登りはいいけど帰りの下りが問題です。

ここはオトナの対応、ここからは徒歩で進みます。

サクサクと雪を踏みしめて歩くのがまた楽しい♪

しばらく歩くと案内看板が。

そしてここからがめちゃくちゃ雰囲気のいい雪道。

  • 御船の滝に到着!圧巻の光景が広がる

そして、御船の滝がでてきました。


完全な氷瀑にはなっていませんが、それでも圧巻です。

かすかに流れる滝の音だけが響く静寂境、

ここに居てるだけで、なんだか心地よく救われる気分。


この御船の滝、見事な氷瀑時のその姿は文殊菩薩を現すともいわれ、

知恵を授ける滝として伝えられています。


しっかりとマイナスイオンを吸収しました(笑)

アクセス道中、こんな所も。

このテーブルとベンチでラーメンやコーヒーを作ってノンビリ出来そうですね。


そして、下山後向かうは…

やっぱり混んでる~~。

私は早々と名前を書いていたので待ち時間無し…周りの視線が痛い(苦笑)

塩ラーメンと、マグロ丼。

何故マグロ丼?

実はこの店主、元寿司職人なんです。

マグロ丼のファンも実は多い。

酢めしにワサビの効いた漬けマグロの味が絶妙。


そしてこの塩ラーメンは、鶏ガラが香る優しい一杯で

トッピングの白菜と柚子の風味がほのかに感じられる穏やかな味わいです。

決して際立った特徴は無く、塩気も強くありませんが、しっかりと旨みが感じられるのがグッド。

美味しくいただきました♪


氷瀑にラーメン、これぞ冬のツーリング。

楽しくて仕方ありません。

次は完全氷瀑を狙って再訪したいですね。


本日のツーリングルートはこちら↓↓


制作・協力

SHIN

バイクの窓口事務局

  • バイクのツーリング記事

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す