TOP

【沖縄】絶景!レンタルバイクで行く宮古島海沿いツーリング①

  • バイクのツーリング記事
  • 2019.07.18

【迷走ライダーSHINの行き当たりバッ旅】Vol.78。今回は宮古島ツーリング。観光地でレンタルバイクを借りて、楽しい旅になりそうですね♪

今回のバッ旅は宮古島への2泊3日のバッ旅です。

思い立ってから一週間後には旅立っていました(笑)

夏の北海道も良いけど、南の島のツーリングも最高ですよ。


出発から現地での見どころまで3回に渡ってお伝えしたいと思います。

  • 衝動に駆られ・・・

7月に入り、そろそろ北海道ツーリングに向かうライダーの動きも活発になってきました。

いつも思うのですが、1週間以上北海道ツーリングできるライダーって、お仕事どうしてるの?

と、勝手に心配してしまいます(笑)


私も過去に北海道ツーリングをしていますが、現地2泊3日が限界でした。往復フェリーの日数考えるとどうしても…。リーマンライダーの宿命か(苦笑)

長期間、北海道ツーリングできるようになるのは退職後だろうなぁと、諦めモードです。


そんな時、テレビ番組で宮古島が紹介されているのを見ると…

なにこの青い空に青い海。最高じゃありませんか。

宮古島ツーリングしてみたい!

ビビビッと、電撃的に脳天直撃!


早速調べてみると…

関西から沖縄方面に行くフェリーは廃止されています。

そもそも、フェリーで行くような日程の余裕はありません。頑張って2泊3日です。


愛車を宮古島に持って行く方法は、まず鹿児島まで自走かフェリーで行きます。

そこから那覇までフェリー。

那覇からはバイクは貨物船輸送、ライダーは飛行機で宮古島に行くことになります。

貨物船は不定期みたいなので日程調整が大変そうです。

一体どれだけの日数と、費用がかかるのやら…。

現実的ではありませんよね。


愛車でツーリングしたいのは山々ではありますが、私的にはレンタルバイクでツーリングするのが賢い選択になりました。

そして飛行機で宮古島に行く方法を調べると嬉しいニュースが飛び込んできました。

LCC最大手のジェットスターが7月から関西国際空港から宮古島への直行便が就航とのこと。

なんと、日によっては片道6,000円以下。


もうこの時点で行く気満々、1週間後のチケットを予約していました。

宮古島行きチケット代金11,000円、関空に戻るチケット代金5,980円(笑)


ちなみに、大手の飛行機会社の場合、往復で8〜10万円位でしょうか。

後は台風が来ないことを祈るばかりです。

  • 宮古ブルーに感動

そして当日、天気も良く絶好のフライト日和。

行き先は「下地島空港」宮古島市の伊良部島に所在する飛行場です。宮古島とはあのプロポーズ後に落下死亡事故で有名な「伊良部大橋」で繋がっています。


大空から見る下界(笑)


太平洋が青く見えますね。


そして2時間後の宮古島周辺の海…

明らかに色が違います(驚)

これがいわゆる「宮古ブルー」ですか!


宮古島とは沖縄本島から更に南西方向に約300kmに位置する南の島です。
1周は約100km、島に山は無く当然ワインディングもありません。ライダー的にワインディングが無いツーリングなんてと思うかもしれません。

しかし、ワインディングは無くとも、
宮古島には近隣の島々に架る絶景の橋があります。
そして日本一、いや世界一とも言われている美しい海と海岸からなる絶景。

この景色を見ながらツーリングをしたいと思いませんか?

今回のバッ旅では、その絶景を目の当たりにして超感動したことを先にお伝えさせていただきます。



  • いざ宮古島へ

「みやこ下地島空港」に到着。

タラップを降りた瞬間の本州とは明らかに違う空気にまずは驚きます。

亜熱帯気候の高湿度の暖かい空気が、南西諸島に来たことを実感させられます。


関空からの到着便は18時を過ぎます。

2泊3日と言っても実質的には2日間しか島を巡ることはできませんね。

ちなみに最終日は19時前に出発なのでゆっくりとツーリングをすることができます。


空港からは宮古島まで、私はバスを利用。

このバスは既存の時刻表に合わせるよりも、実際に飛行機の到着時間に合わせて出発してくれるのがありがたいですね。

宮古島中心地までタクシーで移動となると3,000円〜5,000円はかかりそうです。

バスの場合、降車バス停にもよりますが平均500円です。


バスの利用者は少数派ですね。

殆どの方はレンタカー会社やホテルの送迎を利用しているようです。

私は明日からレンタルバイク…

宿泊は予算を抑え、2泊で7,000円のゲストハウスを利用のため、送迎はありません。

バスの有り難みを実感しました(笑)


その日はゲストハウスでコンビニおつまみとオリオンビールで早々に撃沈しました。

ちなみに、ゲストハウスは相部屋ではなく個室を選択しているのでしっかりと爆睡できました。


そして翌朝、ゲストハウスから10分程度の徒歩でレンタルバイク屋さんに到着。

マジェスティ125をレンタルしました。

2日間で6,000円。


レンタルバイクは予約しておくのが良いと思います。予約段階で最初に連絡したお店では全て貸し出し予約済とのことでした。

今宮古島は「宮古島バブル」と言われ、大人気の観光地になっています。


さて、出発の準備としてスマホナビを取り付けるステーを装着、ヘルメットをかぶって…


ヘルメットもできたら持参が良いのでしょうが、荷物になるので、実際には厳しいでしょうか。

勇気をだして(笑)お店のレンタルヘルメットをかぶり出発しました。


さぁ、ワクワクドキドキの宮古島ツーリングのスタートです。

この先のツーリング道中については次回以降お伝えします。

素晴らしい絶景がまっています。お楽しみに。


レンタルバイクはモトオークレンタルへ↓


制作・協力

SHIN

バイクの窓口事務局

  • バイクのツーリング記事

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す