TOP

【沖縄】絶景!レンタルバイクで行く宮古島海沿いツーリング②

  • バイクのツーリング記事
  • 2019.07.22

【迷走ライダーSHINの行き当たりバッ旅】Vol.79。宮古島ツーリング第二弾です。絶景の海沿いツーリング、最高に気持ち良さそうですね。

前回は関西から宮古島までの移動、そしてレンタルバイクを借りるまでのレポートでした。


いよいよ宮古島ツーリングスタートです。

宮古島は一周100キロ程度の小さな島。

今回のツーリングでは400キロ程度走りました。

単純に考えて4周?(笑)


実際には島の中をグルグル右往左往しながら走っていましたので、立ち寄りスポットの紹介は時系列を無視して、反時計回りに順次紹介したいと思います。

  • 伊良部大橋を渡る

まずは伊良部島に行くために「伊良部大橋」を渡ります。


2015年1月31日、沖縄・宮古島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」が開通。

無料で渡れる橋としては日本最長の3540mを誇り、青い海を貫いて渡る最高の橋です。


渡りきるとそこには、宮古島名物「まもるくん」が島への侵入者を見張っています(笑)

ちなみにこの「まもるくん」は「たかやくん」と命名されています。

島内には19体の「まもるくん」が設置されており、それぞれ名前が付いています。


渡りきった高台から伊良部大橋を望みます。


もうこの景色を見るだけで既に満足感に満ち溢れてしまいます。

  • 伊良部島グルメ

伊良部島にしか売ってないグルメを紹介します。


「なかゆくい商店」

ここのおススメは「紅芋ぱんびん」

ぱんびんとは「サーターアンダギー」のこと。

宮古島では「さたぱんびん」と呼ぶようです。


この紅芋ぱんびんにブルーシールアイスを乗せた「さたぱんぴんアイス」が絶妙な美味しさ。


この紅芋ぱんびんにブルーシールアイスを乗せた「さたぱんぴんアイス」が絶妙な美味しさ。

あまりの美味しさに家族へのお土産として持ち帰りました。

オーブントースターで温めると、美味しくいただけますよ。


続いても伊良部島限定のもの。

「伊良部げんまい」

観光客相手のお店では無く、地元の人が日常の買い物で使うスーパーにそれはあります。

私は「Aコープ」で購入。

この蛍光ピンクの衝撃的な色。

一体これはなんなのでしょうか。

昔から伊良部島で愛されてきた島民にはスタンダードな、もち粉と砂糖を水に溶かして食紅で色付けしたドリンク、もちろん無害(笑)

ドロドロとして液状のお餅のような食感。炭水化物オンリーのため、運動の前に飲むのがいいかもですね。腹持ちも良さそうです。ある意味パワーフードですね。

見つけたら即買いですよ!

そして、地元民用の「ゴーヤーチャンプルー」のダイレクトな苦さ、これまた私好みで最高でした。


  • 圧巻の絶景ポイント

続いて絶景ポイント


「イグアナ岩」

横から見るとイグアナに見える岩場ですが、ここがもう危険極まりない場所。

まずは辿り着くまでがジャングルの中、木々を搔きわけて進む必要があります。


ジャングルの入口をまず見つけるのが困難。

目印は路面にハートマーク。

路面にうっすらと青いハートマークわかるかな?


ジャングルを抜けるとそこには…

もう異次元の世界??


沈没船。今ではダイビングスポットのようです。



ここからの景色は今まで生きてきた中でもトップクラスの感動景色です!


白鳥崎へと続く快速路。

マジェスティでのんびりと潮風を受けて走り抜けます。


所々で現れる「まもるくん」

しっかりとさとうきび畑から交差点見張っていますね(笑)

ちなみにこの「まもるくん」は「まさおくん」と命名されています。



「下地島巨石」

1771年、宮古八重山地方に大地震があり、最大85メートルもの津波が島々を襲った時、その津波でこの巨石が打ち上げられたと伝えられています

この悲しい歴史を物語る巨岩には、民間信仰が起こり、今では大漁、航海安全、家内安全などの祈願が行われ守護神として祀られているそうです。



「通り池」

国の天然記念物および名勝に指定されています。

陸側と海側、隣接する2つの池が地下部分でつながっており、さらに海側の池は洞穴を通して海にもつながっています。



「17エンド」

美しい桟橋がある空港北端は、通称「17エンド」と呼ばれています。

真北を0度とし、170度の方角に向かって航空機が着陸してくるということからこういう呼び方になっています。


航空機の進入灯の桟橋がインスタ映えスポットとして人気となり、観光客の車両トラブルが多くなったことから今は車両通行止めです。

手前でバイクを止めて10分程度歩きます。


干潮の時間帯にだけ現れる幻のビーチが大人気。今回訪問時は干潮と重なり、幻のビーチを見ることができました。



「来間大橋」

1995年に完成した宮古本島と来間島を結ぶ1,690mの来間大橋。

農道橋としては日本最大級の長さを誇り、橋の上から眺める海の色は、光の角度によって幾層にも変化し、言葉を失うほどの美しさを見せてくれます。


来間大橋展望台からの眺めも絶景です。

もうため息しかでません。


次回は宮古島本島の周遊です。

制作・協力

SHIN

バイクの窓口事務局

  • バイクのツーリング記事

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す