TOP

【三重】長島港年末グルメツーリング

  • バイクのツーリング記事
  • 2019.01.03

【迷走ライダーSHINの行き当たりバッ旅】vol.59。今回は三重県長島港で開催されている「年末きいながしま大港市」を目指してツーリングです。市場には旬の魚介類の宝庫!お腹も心も大満足のツーリングとなりました。

2018年もいよいよ最終週。

世間は年末年始の準備で慌ただしいそんな中、ツーリングに行ってきました。

  • 今回の目的地は「年末きいながしま大港市」

出発地点は、道の駅「宇陀路大宇陀」

この道の駅、足湯もあり、温泉スタンドが併設されています。

40リットル100円で販売されています。

また、大宇陀で栽培されたご当地ブルーベリーソフトクリームが大人気。

今回は遠慮しておきます(苦笑)


今回の目的地は三重県紀北町の長島港で開催されている「年末きいながしま大港市」です。

毎月第2土曜日に、紀北町の長島港魚市場内で開催される港市なのですが、年末は特別に連日開催されます。

地元で獲れた海鮮を満喫しようとの魂胆です。


宇陀路大宇陀の道の駅からは国道166号線を東に進みます。


現地到着までは数カ所の道の駅がありますが、その度に立ち寄ります。

寒い季節、生理現象が止まりません(苦笑)


あ、美味しそうなモノを発見したら買い食いも止まりません(笑)

  • 目的地到着!おいしそうな食の宝庫!!

国道42号線を南下、現地に到着しました。

多くの人が集まり、熱気に満ち溢れていますね。

しかしながら、もうにっちもさっちも状態では無く、程よい混雑。

地元で獲れた鮮魚に海産物や練り物、麺類にスィーツ。

これだけあると嬉しい悲鳴が止まりませんね(笑)

伊勢海老、マンボウ、七輪コーナーも。


あれこれ迷って、会場を数回周りセレクトした逸品です。

他にも、さんま寿司や焼き栗等…

年甲斐も無く食べ尽くしました(苦笑)

こういう屋台だと、その雰囲気にも飲まれいつも以上に頑張ってしまいます。


生マグロのブロックや伊勢海老も格安で販売されており、お土産にと考えましたが、帰宅時間を考慮すると生物はちょっとねぇと断念。


しっかりとお腹を満たした後は、食べたものを消費するため徒歩で付近を散策します。


漁港横の「江の浦大橋」


大きな船が行き来しやすいように、くるくると橋を上っていく作りです。

通称「α(アルファ)橋」と呼ばれています。

上空から見ると「α」に見える…?

気になる方はグーグルマップでご確認してくださいね。

  • 更にデザートを食べに「卵卵ふぁーむ」へ

しっかりとお腹もこなれ、次に向かうはこれまたスィーツを食べに…(笑)


漁港から移動するとこ5分。

「卵卵ふぁーむ」

直営農場で愛情こめて育てたニワトリたちが産む新鮮たまごと、そのたまごを使用してつくる「たまごやさん」のスイーツのお店です。

パリッと焼きたてのシュー皮に、注文ごとに詰める濃厚なしっかり卵味のカスタードクリームは人気の品。

「良い卵は健康な鶏からのみ生み出される」を理念にした地養卵だからこその味わい。


なんと賞味期限15分!


店内で食べることができ、嬉しい事にコーヒーや紅茶が無料でいただけます。

パリパリのシュー皮から飛び出すカスタードクリームに四苦八苦のメンバー(笑)

暖かい店内は居心地もよく、ついついゆっくりとしてしまいます。


とは言うものの、日暮れまでには大阪に戻りたい。

来た道をそのまま大阪までUターン。

日没までの時間が短いこの季節のツーリングでは無理は禁物、余裕を持った行動が大事です。


「卵卵ふぁーむ」でお土産も買っています。

「卵卵マジック」

卵の殻がどこも割れていないのに、中身はプリン。


まるでマジック?

添加物を一切使わない卵100%でつくったプリンだそうです。

とても不思議な味…まぁ一度食べてみてください。

カスタードプリンと思って食べたらビックリしますよ。


一日の行動時間が短い寒中ツーリング。

装備さえきっちりしておけば寒さも、心地よい寒さになります。

そして、やっぱりコレでしょう!

「グリップヒーター」

まさに神です(笑)


本日のツーリングルートはこちら↓↓


制作・協力

SHIN

バイクの窓口事務局

  • バイクのツーリング記事

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す